« 救われるメール | メイン | お酒が好きでも、健康ならば… »

2012年8月13日 (月)

行動の抑制帯

 明日の夜明け前後に、流星群が現れるらしい。

 なつかしい!!!!!!

 大学生の時に、仲間と、箱根の山奥まで、車を連ねて観に行った記憶がある。

 学生時代は、無謀だった。

 今でも、やや後先考えずに、心のままに動いてしまうところはあるが・・・。

 でも、大人になるにつれて、行動の枠を決めつける抑制帯に縛られていく気がする。

 皆は、違うのかなぁ?

 もちろん、社会的責任が大きくなるのだから当たり前だろうけれど・・・。

 でも。

 周囲の誹謗中傷とか、世間体とか、上司の目とか・・・。

 そんなことでも、行動の枠は狭められているのでは。

 人に迷惑をかけるのは、宜しくない。

 そして、法的な範疇を逸脱するのは以ての外だ。

 でも、たまには、行動の幅に余裕をもたせてあげなければ、息が詰まってしまう。

 たとえば、骨折して、ずっと、片腕を固定されていたらどうなるだろう。

 固定器具を外しても、すぐには、腕は自由に動かないだろうし、筋肉だって落ちて、パワーも激減。

 人生だって同じじゃないのかしらん?

 私は、カチコチの人生だけは歩みたくないなぁ。

 でも、色々、気にもしちゃうのだけれど・・・。

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337012/29531011

行動の抑制帯を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad