« 批評は向上心の源 | メイン | 8月はチキンライスを食べよう‼ »

2013年7月16日 (火)

ダイエットとミネラル①

 『食べる量が増えている訳ではないのに、太るannoy

 『ダイエットをしても効果がなかなかでない・・・despair

 そんな、相談をよくされる。

 そんな方々に私が伝授するポイントflairは・・・。

 shine礎代謝を上げることshine 

 shine血糖値を上げないことshine

 基礎代謝量とは、心臓を動かしたり、体温を調整したり、呼吸をするなど、私たちが生きていくために必要なエネルギーのこと。

 一般的には、男女とも20歳頃をピークにして、徐々に下がっていくとされています。

 この『基礎代謝』。

 個人差が、とても大きく、代謝量が少ない場合は、「痩せにくくbearing」「太りやすい体質crying」とも言いかえられる。

 そんな時のキーワード的存在が『酵素』であるeye

 基礎代謝を保つためには『酵素』が不可欠なアイテムとなるのだ。

 酵素は、食べた物の消化・吸収、体の新陳代謝、血液の循環、ホルモンの活動、免疫力、運動機能などなど、ありとあらゆる生命活動にかかわっている。

 そして、体内には3000種類以上もの酵素があるともいわれているthink 

 例えば、酵素なしでは、栄養をエネルギーにかえることも出来なければ、生きていくことさえ不可能sign03ってこと。

 と言うことで、たくさんの酵素が活発に働いていれば、基礎代謝の低下を防ぐことにつながるという訳になる。

 ここで登場するのが『ミネラル』という存在。

 『ミネラル』は、酵素や補酵素の構成成分になったり、酵素や補酵素の正常な機能を保つように働く。

 さらに『ミネラル』は、血糖値のコントロールも補助的にサポートする。

 酵素不足や血糖値の上昇を抑えるためには、ミネラル不足にならないようにすることがとても大事なのだwink

 そんなダイエットの話をしつつも・・・。

 今夜は、お知り合いの御自宅でお食事会happy02

 ここのお家は、ベルサイユ宮殿と二条城と足して2で割った感じ?ぐらい、素敵な空間が満載である。

Ma6

 お食事は、新潟の欅亭さんから・・・。

http://tabelog.com/niigata/A1504/A150402/15001385/

 Ma

Ma1

Ma3

Ma4

 久しぶりに、美味しい『テール・シチュー』を頂きましたheart04

Ma7

 〆は、魚沼産のコシヒカリで『ガーリック・ライス』と『スコッチ・ウィスキー』。

Ma5

Ma2

 『伯方の塩』の声で有名な、高城靖雄さんも来られていました。

 そう言えば、天然塩もミネラルの塊flair

 そのまま摂り過ぎたら、塩分過多だけれど・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337012/31774601

ダイエットとミネラル①を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad