« おもてなし | メイン | 夜中が好き・・・ »

2014年9月28日 (日)

乾癬とプラセンタ

 人生は色々あって・・・。

 良いことも楽しいことも素敵なことも、沢山、あるけれど。。。

 嫌なこともツライことも悲しいことも、沢山、ある。

 でも、嬉しい報告を聞くと、色々なことが吹っ飛ぶ。

 苦労も、疲れも、全部confident

 ある研修会場で、人混みに紛れ込んでいた私を見つけて・・・。

 「プラセンタで、乾癬が良くなった方がいたんです‼」って。

 わぁっ\(^o^)/

 乾癬は、皮膚の病気のひとつ。

 皮膚の表面を覆う表皮の成長異常が起こり、角化が進んでしまう。

 簡単に言えば、皮膚が出来過ぎて、赤く盛り上がり、未熟な皮膚がボロボロと落ちてくる状態。

 原因が、ハッキリ断定できないことが多く、治すのも、難しい。

 そんな皮膚の症状に悩まれていた方が、私のプラセンタの講演を聞いて、プラセンタを試して下さったそう。

 そうしたら、なんと、乾癬が軽快していると‼

 乾癬の原因は、解明されていないばかりか、内外の様々な要因が症状を悪化させるといわれている。

 遺伝子レベルでの体質にストレス、脂質代謝、薬剤、気候・・・。

 だから、プレセンタに期待が持てるとは断言できない。

 でも、試してみる価値があるのがプラセンタだと思っている。

 プラセンタは、ハッキリと証明されている効能もあれば、機序は研究中であるが未知的な効果を発揮することもあるから。

 実際、私は、何を試しても良い結果が得られない時に、プラセンタを使ってみることがある。

 勿論、体に合わない場合や使わない方が良い場合もあるから、慎重にだけれど・・・。

 でも、今回は、本当に良かった‼

 自分の話が、1人でも、誰かの役に立てば、これ程、嬉しいことはない。

 それと・・・。

 やっぱり、プラセンタって凄いなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337012/32826921

乾癬とプラセンタを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad