« 紫外線と仲良く生きる | メイン | 私はお鮨が大好き③ »

2016年7月25日 (月)

涙の必要性

 「涙」の種類には色々ある。

 でも、「負」の種類が圧倒的に多いように思う。

 痛い。

 悲しい。

 悔しい。

 寂しい。

 苦しい。

 その理由は、涙が「負」の排出ツールのひとつだからなのかな、って。

 私だけが、そう思っているのかもしれないけれど…(笑)

 人生は、色々ある。

 この年齢になると、心の「負」の要素は、自己消化が必須な時がある。

 そんな時に「涙」が役立つ。

 もちろん、人前で泣くのはNGのことが多い。

 例えば、仕事の場で泣いたら、その仕事は平等に成立しなくなる可能性がある。

 でも、独り涙は害が無い。

 次の日に、目が腫れて困るかもしれないけれど…(笑)

 私は、よく泣く。

 心の洗浄&目の洗浄(笑)

 でも、これも、私のメンタルケアのひとつなんだろうな。

 メンタルケアの方法は個々で違う。

 今、心が弱い人が増えているなんて耳にすることがあるけれど…。

 自分のメンタルケア術を早々に発見することも大切。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337012/33892023

涙の必要性を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad