« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

志しの価値観

色々な人がいる。

でも、仕事をする上で「志」の価値観が合致する人は少ない。

始めは意気投合しているように思えても、仕事を進めていくと、ズレて行くことが多い。

ズレると、尊敬の念も薄れて…。

結局、イイ仕事には結び付かない。

今夜は、数少ない「志」の一致する方と将来の仕事の話に花を咲かせる。

多分、世界に役立つ仕事につながるはず。

最近、よく足を運ぶ新橋の「ミヤマス」です。

遅れて行ったら、チーズ。

空腹にアルコールが負担になるから、と。

優しい気遣い( ´ ▽ ` )ノ

2016年8月30日 (火)

ミトコンドリア・オタク①

私は、「ミトコンドリア」を崇拝する「ミトコンドリア・オタク」(笑)

健康と若さの基盤を支えるのは「ミトコンドリア」だと思っているくらい。

ミトコンドリア。

今日もこんな記事…。

2016年8月29日 (月)

パクチーに始まり、パクチーに終わる(笑)

パクチー(コリアンダー、香菜…)が嫌いな人も多いけれど…。

パクチーって、凄い食材。

例えば、古代エジプトや古代ローマでは医療で活用され、中世ヨーロッパでは薬草として使われるなど「薬」としての存在を放ってきた。

最近では、重金属の蓄積を抑えるなどのデトックス作用でも注目を浴び始めている。

パクチーに含まれる栄養素も色々。

まあ、ある程度の量を食べないと十分な量は摂れないけれど…(笑)

それ以外にも、胃腸機能を促進したり、抗酸化作用があったり、いい部分がたくさん*\(^o^)/*

別に健康を意識してではなく、面白半分でパクチー専門店に誘われて行って参りました。

経堂の「パクチーハウス」

乾杯は「パクチー・モヒート」。

凄い量(笑)

デザートもパクチー(笑)

一番、びっくりしたのは、主催者がパクチー嫌いで食べていなかったこと(笑)

愉快な思い出話的に行くと面白いかも。

2016年8月28日 (日)

サプリメントの必要性

全員が全員、サプリメントを必要とするとは思わないけれど、サプリメントを健康や元気のアイテムのひとつとして取り入れた方が良い人もいると私は思っている。

私が考える「サプリメントを摂る意味」は大きく2つ。

①dose-responseを満たすため
②健康長寿を楽しむため

これを話していると長くなるので…。いつの機会かにゆっくり書きますが。。。

私たち日本人を取り巻く食環境の変化と寿命に適応していくことが大切だと思っている。

もちろん、自分の性質、ライフスタイルや運動強度、目標(目的)が基盤であることは当たり前だけれど。

今夜は、サプリメントについて、色々と語れる相手と御一緒。

広尾のイタリアン「ポンテ-デル-ピアット」

http://www.ponte-del-piatto.com/?no_redirect=true



このワイン。いい感じ。

心が解放されるような、そんな相手とゆっくり美味しい食事も、私には、絶対的なサプリメント。

2016年8月27日 (土)

結婚式…

未婚と既婚。

どちらが有病率が高いか…。

病気にもよるが、相対的に未婚の方が病気になり易いというデータがある。

この結果には賛否両論あるだろうが、私は正しい気がする。

私は未婚だから、既婚の苦労も大変さもしらない。でも、逆に、独りで社会で働く女性の辛さは、少なからずとも、味わっているはず。

今日は友人であり仕事仲間の女性の結婚式。

色々と思うことはあるけれど…。

結ばれた2人に心からの祝福は勿論、結婚の素晴らしさを最期まで満喫して欲しいと思う。

皆、彼女の結婚に幸せです。

食事も拘ったようで、彼女らしいセレクトでした。

異文化交流の重要さ

今夜は、白金高輪にある焼肉屋さんの「金竜山」に誘われて行って参りました。

https://s.tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13001625/

お肉にさることながら、御一緒した方が滅茶苦茶に個性爆裂で面白かった‼︎

今までの自分の生き方を変えようかと思ったくらい(笑)

こうやって、全く違う思考を持っている方と一緒に過ごすことは素晴らしい。

同じような人間とばかりいると、脳が落ち着いて発展を遂げようとしないのかもしれない。

卵かけご飯withにんにくオイル

ベストコンビ(笑)

いつも思うのですが、このお店。焼肉屋さんぽくないオブジェが多い。

これもイイ味。

2016年8月26日 (金)

私の強壮剤(笑)

疲れたら「鰻」。

単に鰻好きなだけかもしれないけれど…。

鰻をガッツリ食べて、ガソリン補充(笑)

鰻は、タンパク質・コラーゲン・ビタミンA&Eを始め、素敵な栄養素が一杯‼︎

そして、何より、美味しい。

サプリメントは必要な栄養素を効率よく摂れるけれど、「美味しさの感動」は無い。

当たり前ですけれど…。

美味しい上で、心も脳もカラダも満足することが、やっぱり、大切。

2016年8月25日 (木)

自撮り練習中

若い方と一緒にいると、色々とびっくりすることもあれば、勉強になることも多い。

そして、最近思うことが「何で、あんなに自撮りが上手いのだろう…」と言うこと。

幾ら頑張っても、私は自撮りが上達しない。

今日はTBSで収録だったのですが…。

マネージャーさんにコツを聞きながら、合間に自撮りの練習(笑)

難しい…。

誰か「誰でも上手く撮れる自撮りのコツ」を教えて下さい‼︎(笑)

この番組の控え室には、いつも、駄菓子が一杯。

懐かしい。。。

2016年8月24日 (水)

家族のような家族

家族のような家族がいる。

家族のような家族だから、もちろん、旅行も一緒に行ったりする。

家族のような家族でも、他人だから、逆に話せることもある。

私には、とっても大切で、滅茶苦茶に必要な「家族のような家族」。

人生は色々あって…。

泣いても泣いても、涙が止まらないこともある。

でも、家族だったり、家族のような家族だったり…。そんな存在が在ることを想うと、歩き出せる。

どんなに感謝しても、感謝仕切れない存在。

今夜は、青山の「えさき」さんに御一緒させて頂きました。

私のお誕生日を祝っていなかったからと、誕生祭も。

長い…。

天然のお魚は、やっぱり美味しい。

頭好きなので、頭をくれました(笑)

アイスモナカ?

2016年8月21日 (日)

先輩‼︎

私の大好きな先輩が札幌にいる。

大学時代、重なった訳ではないのに…。

不思議なことに、打ち解ける。

同じ大学と言う同郷心もあるのか、相談事もし易い。

1年に何度も会うこともないのに…。

普通に話せる。

そして、よく食べるところも共通項。

今夜は素敵なフレンチ?ビストロ?に連れていって下さいました。


2016年8月20日 (土)

お鮨が大好き③

何度も言っている気がしますが…。

私は、お鮨が大好き(笑)

お鮨屋さんは、色々な種類の魚介類が、色々な調理法で食べられる。

飽きないし、楽しい。

こういう時間が、私の元気の源のひとつ。

今日は、博多の「やま中」さんを経て東京に来られた「さか井」さんに連れて行って頂きました。

全てに綺麗な感じ。

ツナフレークご飯(笑)

お鮨屋さんぽくない…。

この後、オイスターバーで〆パスタと日本酒を飲む計画なので、お鮨は終わり(笑)

よく食べて、よく飲む‼︎

私の健康法(笑)

越乃寒梅と牡蠣と雲丹のカルボナーラで終わり。

2016年8月19日 (金)

牛久大仏は、やっぱり大きい…

今日は、筑波山散策からスタート。

こうやって、山に登るのは久しぶり…。

あいにくの天候だけれど…。

やっぱり、気持ちが良い*\(^o^)/*

その後は、牛久大仏。

いつ見ても、大きい(笑)

2016年8月18日 (木)

野田市の地下には醤油が流れている⁈

研修旅行で千葉県野田市にあるキッコーマンの工場へ。

小さな醤油の蔵には足を運んだことが何度もあるけれど…。

この規模は初‼︎

全てが、大きい。。。

一番ビックリしたのは、出来上がったお醤油を詰める工場が駅を挟んで反対側にあるので…。

地下にパイプを通し、反対側まで運んでいるという話。

と言うことは、野田市の地下にはお醤油が流れていることになる。

恐るべしキッコーマン。

筑波に移動して、筑波宇宙センター(JAXA)にも伺いました(笑)

昔、来たような記憶も…。

イチゴのアイスクリーム。

もちろん、宇宙食。

私は、食べることが大好きなので…。

宇宙食は難しいかも…。

小雨の筑波山神社。

ここも、寝牛なのですね。

私は、神社までの「道」が好き。

2016年8月17日 (水)

薬草

薬草と言えば、中薬や漢方薬を思い出すことが多いだろうが…。

ハーブやスパイスも薬草の一種である。

薬草は薬にも使われるが、食品の多くにも活用されている。

そんな薬草。

中国の輸出規制や自然環境の変化で、供給不足が懸念されているものある。

また、土地のせいなのか薬草自身の成分的効力が低下しているというデータがあるものもある。

薬草は、存在感は少ないが…。

私の生活上、重要な存在。

日本の国内で、質の高い、そして育成し易い薬草を作っていくことは重要な課題だと思う。

今日は気仙沼から二戸に移動して、薬草の勉強。

駅の朝市も小さいけれど、面白かった。

生の「タモギダケ」‼︎

2016年8月16日 (火)

復興を考える

気仙沼にやって来た。

どれくらいぶりだろう。

整備された感はあるが、静かな駅。

街も、変わらないままの部分も多い。

そして…。

気仙沼の夜が、以前より寂しい気がした。

復興屋台村。

以前は、もっと賑わっていたように思う。

復興の一つは、その場所に活気を取り戻すこともあるはず。

『復興』に想うことが沢山ある。

泊まって食べることも大切。

サメの心臓。

マンボウ。

日本が大好き。

だから、日本全土が元気になる尽力をすることは、私の一つの決意

2016年8月13日 (土)

待つ…

私の仕事は時間が読めないことが多い。

だから、待ち合わせに遅れることも多々ある。

本当に申し訳無いと思うと同時に、待たされる側の心境を考えると、自分の心が気に病む。

私は、待たされることに慣れているし…。

待っている時間が、嫌いではない。

もちろん、来るか来ないか、分からずに待っているのは辛いけれど…。

でも、「待つ」時間に色々と想い、考えられるから、苦にならない。

待つ「相手」にもよるのかもしれないけれど…(笑)

今夜も、ちょっとイイ感じのお店を教えてもらいました‼︎

エッセンシャルクッキング
03-5408-3257
東京都港区新橋3-11-5 新橋協同ビル 1F
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13122451/

2016年8月11日 (木)

夏のおでん

「おでん」と言うと、冬のイメージがある。

でも、「夏のおでん」も粋である。

その時に重要なのは「雰囲気」だと思う。

大将の呼吸に合わせて、お客とお店に流れる空気が一体になる感じ。

コンビニのおでんがダメな訳では無いけれど、コンビニで夏におでんを売っても売れないだろう。

今夜は、とっても良いお店を教えてもらいました。

銀座の「四季のおでん」

おでんには、ホッコリと日本酒を。

2016年8月10日 (水)

ワイン

今夜は、ワインの会。

私は、お食事担当。

ケータリング業でも始めようかと思う今日この頃(笑)

素晴らしいワインのラインナップです。

美味しく楽しく、しっかりお酒を飲む。

一つの健康法。

復興とは…

熊本県を訪れた。

熊本県の特産品を使ったイベントの企画の相談。

震災とは関係なく、熊本県の食材を始めとした特産品に興味があって、以前から考えていた企画だけれど…。

この状況的に、復興の一つのパーツにもなれれば良いとは思っている。

関東圏に住んでいると、熊本地震関連のニュースは日々、少なくなっていく。

記憶から薄れ、平常が戻っているかのような感覚を持つけれど…。

でも、現地は違う。

もちろん、元通りの毎日を暮らしている人もいるだろうけれど…。

多くの人が、不便と不安を抱えているはず。

東日本大震災の爪痕が未だ残るように、直ぐには、元には戻れない。

中には、一生、元に戻ることが不可能なこともある。

そういう中で、私がすべき復興は目先数年のものでは意味をなさないだろう。

熊本城。

近付け無いので遠目からですが…。

市内も、影響は、場所場所で大分違う。

ただ、余震もあるけれど、安全な場所も多い。

復興の一つは、その場所に足を運んで、食べて観て泊まることもあると思う。

2016年8月 9日 (火)

日本酒の面白さ

「酒」と言う存在は、非常に面白い。

国、県、地域、家庭、個人

皆、それぞれの趣味、嗜好、感覚を持っている。

そして、それぞれのお酒ごとに、また、奥深さが違う。

私は、和食が好きなこともあるけれど…。

日本酒とワインを良く飲む。

日本酒は、ワインと違って、熟成させるものが少ない。

ワインは、10年、20年、50年、100年…とかあって…。

酒造された年や熟成年数によって「価格」が大幅に違う。

そう思うと、日本酒は儚い。

でも、儚いからこそ、貴重であり楽しい一面もある。

日本酒の儚さに、もっと、対価をつけるべきでは…、とワインリストに並ぶ値段を見ながら思うことがある。

今夜も日本酒。

日本酒消費に貢献中(笑)

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad