« コーヒーと健康 | メイン | 水俣市 »

2016年9月14日 (水)

実態…

東日本大震災も同じだったけれど…。

熊本の震災でも、現場に行かなければ、分からないことが、沢山あると実感する。

例えば、夏休みに子供たちが遊びに行く場所が無いという話。

いわゆる「シネコン」が、ほぼクローズで…。

今まで、休みの日に出向いていた身近な商業施設がない、と。

そんな話は、東京では耳にしたことが無かった。

例えば、道路の問題。

57号線と言う阿蘇を結ぶ道路が使えず、迂回路として使用していたミルクロード1本で代用。主要地から阿蘇まで渋滞で3時間以上かかることも珍しく無いそう。

急に主線となったミルクロードの耐久性の心配もしていた。

こういう話は、そこに住んでいる人の話を聞かないと分からない。

そして、熊本に行くと、いつも思うのは「くまモン」の存在。

くまモン、働き過ぎなくらい、どこでも活躍中。。。

博多から熊本に移動。

新幹線は、通常運転に戻りつつあるのかな…。

熊本駅。くまモン、活躍中。

熊本に行ったら、熊本県の食材を‼︎

阿蘇高菜

馬肉うどん

熊本ロースかつ。

三菱サイダー‼︎

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337012/33948681

実態…を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad