« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

ホジャリ大虐殺

今日は、アゼルバイジャンの大使館で1992年の「ホジャリ大虐殺」を想い、考える集まり。

歴史的だけではなく、今現在も、人間同士の決着の付け方には、考えさせられることは多い。

心も体も傷付けない方法は、無いものなのだろうか。



ギュルセル大使が、深い想いを語って下さいました。

2017年2月27日 (月)

桜なべ みの家

久しぶりに、森下にある「みの家」さん。

馬肉は、ヘルシーかつ燃焼アップで、ボディ・ケアには、Good!!

ポカポカ効果にも期待が持てるから、この時期向きだし…。

久々に、みの家さんの桜鍋を頂き、何だか、懐かしい‼︎

玉子焼きも不動‼︎

2017年2月26日 (日)

鮪好き(笑)

鮪をよく食べる。

私の健康法のひとつかも(笑)

なぜなら、鮪には、血液サラサラ作用や脳機能のサポートに期待が持てるEPAやDHAが抱負だから。

そのお陰か…。

善玉コレステロール値は、誰にも負けない自信があるくらい良好(笑)

ランチの鮪丼?

夜もお刺身(笑)

って、他にも色々と食べていますが…d(^_^o)

続きを読む »

2017年2月24日 (金)

パティシエが焼く、肉は幻(笑)‼︎

今夜は、友人の精神科医のドクターのお家でパーティ‼︎

精神科医だけれど、映画監督でもある彼のクランクインの祝賀会も込めてのパーティd(^_^o)

素晴らしいワインの数々と…。

メインは、某有名焼く肉屋さんのお肉を鎧塚さんが焼いてくれます‼︎

ワイン。前半戦。

ここで、鎧塚さんの出番です‼︎

焼く前の準備、手抜かり無し‼︎

超真剣なお肉を頂いた後は、後半もワイン、続きます‼︎

おつまみ&デザートは、チョコレートと…。

もちろん、鎧塚さんのケーキです‼︎

低糖質のケーキまで…。

今夜も、幸せと感謝を実感。

2017年2月22日 (水)

久々に新幹線(笑)

飛行機、大好き(笑)‼︎

なので…。

移動の基本は飛行機ですが、でも、場所によっては明らかに新幹線がベストな時もあります。

で、今日は新神戸 → 博多 は新幹線。

新幹線。新鮮で、思わず写真を撮ってしまいました(笑)

博多でミーティング?懇親会?しながら、小龍包を‼︎

博多駅のKITTEの「JIN-DIN-ROU」さん。

http://jin-din-rou.net/kitte_hakata/

この後、福岡のお酒も頂いて〆(笑)

2017年2月21日 (火)

ボディ・メンテナンス

人間は、色々な理由で老化が進む。

そのひとつに「カラダの歪み」があると、私は思っている。

左右。

前後。

上下。

私たちのカラダは、様々な角度においてバランスが保たれていることがベストなはず。

しかし、その人の生活スタイルや職種、癖、年齢など、バランスを乱す要素が多々ある。

どんなに気をつけていても、カラダの歪みが生じる可能性はある。

だから、たまに(って、1〜2年に一度くらいだけれど…)、カラダのメンテナンスに神戸に足を運びます。

カラダを触られるって、相当の信頼がないと嫌だし、怖いし(笑)

神戸の先生、イチオシ( ´ ▽ ` )ノ

神戸は、夜景も綺麗d(^_^o)

神戸牛を「三田屋」さんで*\(^o^)/*

2017年2月20日 (月)

沖縄懐石⁉︎

最近、沖縄との御縁が多い。

続くと、続く…。みたな(笑)

今夜は、沖縄料理。沖縄料理と言っても「懐石料理」です。

赤坂の「赤坂 潭亭」さん。

メニューが面白い。

一足先に河津桜

日本人で桜が嫌いな人って、いるのかなぁ?って思うくらい、日本人は桜好きな気がする。

寒かろうが、煩かろうが、お花見文化は根強いし…。

桜がある所に、人は惹かれて行くよね。

伊豆のコンサートの後、河津桜を観に行かれるというので、御一緒させてもらいました(笑)

2月下旬で、こんなに桜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

凄い♪───O(≧∇≦)O────♪

もちろん、「花」だけでなく「団子」も忘れません(笑)

2017年2月19日 (日)

音楽の可能性

耳で聴き、振動を感じ、カラダ全体が感動する。

音、音楽、旋律…。

凄い力だと思うことが多々ある。

音楽を聴き、嬉しくなったり、悲しくなったり…。

戦闘力を掻き立てられることもあれば、リラックスすることもある。

空間を演出もすれば、人生に華を添えたり…。

私の生きる道には欠かせない存在。

だからか…。私は、芸術家と呼ばれる方々に心からの尊敬の念と深い感謝を持っている。

私たちには治せなかった病気すら、良い方向に向かせる力さえある。

今日は、伊豆の「かのや寺」で行われているコンサートに伺った。

演奏されるのは、九州の「ななつ星」の演出&ヴァイオリニストを務められている大迫淳英さん。

お寺でコンサート。

不思議だけれど、凄い調和。

これも、音楽の力なんだろうなぁ。

音楽には、なんの「境」も存在しない。

皆、聴き入っていて…。

ひとつになっている感じも、音楽があるからだよね。

No Life,No Music.

2017年2月17日 (金)

ナポリタンの誘惑

今夜は、会食でお鮨。

冬は、大好きな食材満載で幸せです。

なのに…。

お鮨を食べた後の喫茶店で「ナポリタン」を見つけて、つい注目してしまいました。

ナポリタンって。不思議な存在。

The ナポリタン‼︎

2017年2月16日 (木)

グルテン・フリー

今、最も力を入れているひとつに「グルテン・フリー」の食品開発がある。

グルテンとは、小麦粉に含まれているタンパク質のひとつ。

小麦粉中には蛋白質が6~15%含まれていて、いろいろな性質を持つ蛋白質が混在している。

そのうち、約85%はグリアジンとグルテニンというタンパク質。

小麦粉に水を加えてこねると、このグリアジンとグルテニンが絡み合って「グルテン」が出来上がる。

グルテニンは弾性、グリアジンは粘着性が強く、この性質が異なる2つの蛋白質が結びつくと、粘着性と弾性を適度に兼ね備えたグルテンが誕生する。

パンとか麺類、お菓子などは、この特性を利用しているものが殆どで、多くの食品にグルテンが多用されている。

しかしながら、最近、このグルテンにカラダへのデメリットがあることが判明されつつある。

例えば、食欲の増進や血糖値の上昇促進作用。

そして、グルテンにアレルギーを持つ人だと、過剰に摂取することで様々な不調がカラダに現れることも分かってきた。

そこで、今、注目を集めているのがグルテンを含まないグルテン・フリーの食品。

つなぎや弾力性の役割をするグルテンを使用しないで、美味しい食品を作り出しのは難しいが…。

グルテン・フリーのスペシャリストである女性と出会って、大きな可能性を確信中‼︎

具材も完全グルテン・フリーです‼︎

2017年2月15日 (水)

独立

1人で生きて行ける人間はいないと思っている。

だから、「独立する」と言っても色々な人の力があってこそ成立しているはず。

でも、やっぱり「独りで始める」ことへの勇気と努力は並大抵なものではなく、尊敬することと見習うべきことが、山のようにある。

今夜は、大好きな御家族に誘われて、池尻大橋の近くのフレンチ。

有楽町にあるオールドメゾンなフレンチ出身の2人組みのお店。

calme
03-6455-1932
東京都黒区大橋1-2-5 新村ビル 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13197166/

今日、お誘い頂いた御家族も、独立されて素晴らしいお店を創られている。

いつ、会っても学ぶことばかり。

どんな教科書よりも、人間関係の中で学ぶことが実感&実践出来る気がする。

2017年2月14日 (火)

アイディア商品

「食」に対するアイディア力。

どの国、どの地方。どこに行っても、凄い‼︎って思うものは沢山あるけれど…。

空の上のアイディア商品のナンバーワンは「ドライなっとう」だと勝手に思っている(笑)

「なっとう」は国民食。

納豆が無ければ始まらない‼︎って人も多いけれど…。その一方で、大ッ嫌い‼︎って人も意外に多い。

そんな人達の「なっとう」への苦手要素が取り除かれたのが「ドライなっとう」な気がする。

日本人の食への探究心の賜物のひとつ。かな…。

機内で思わず頼んでしまいます(笑)

2017年2月13日 (月)

宮古総合実業高等学校

沖縄県立 宮古総合実業高等学校 に参りました。

この学校の生物生産科で講話。

講話と言っても、そんなに堅苦しいものではありません‼︎

学生さんと、将来について語る( ´ ▽ ` )ノ感じ。

実習後に、真剣にお掃除をしている姿に、誠実さと将来の展望が見える気がしました。

お土産に、ケーキ‼︎

こんな若い世代がいる学校は素敵。

私の務めている学校も負けられない(笑)‼︎

宮古島にスーパー・フードを求めて③

宮古島は、天然の薬に囲まれていると思うほどに、体に役立つ植物が多い。

朝イチで、「砂山ビーチ」。

こんなに真っ白な砂浜は珍しいですよね。

そして、砂浜の近くには、日焼けに役立つ植物がイッパイ‼︎

次は、ちょっと、奥地に。と言っても、少し木々の中に足を踏み込んだだけで、色々な食材に出会えます。

宮古島にいたら、果物には困らないかも(笑)

エッグ・フルーツ(カニステル)‼︎

こんな果物まで、普通に実っている*\(^o^)/*

ランチは宮古牛です。

焼肉‼︎と行きたかったのですが…。

この後、高校で講演をしなくてはいけないので抑え気味でハンバーグ(笑)

高校への訪問前に、宮古島での今後の活動を打ち合わせしつつ、島内を案内してもらいました。

色々な場所があります‼︎

ワクワクな場所です、宮古島は(⌒▽⌒)

2017年2月12日 (日)

宮古島にスーパー・フードを求めて②

去年に引き続き、宮古島にスーパー・フードを求めてやって参りました。

夕方に到着したこともあり、今日は打ち合わせのみ。

宮古島は、食材も素晴らしいけれど、「人」がもっと素晴らしい‼︎

泡盛を天然100%の山葡萄ジュースで割ります。

山葡萄の「抗酸化力」は絶大。

ポリフェノールやアントシアニンも豊富で、体のメンテナンスはもちろん、眼のためにも役立つ。

現代人は、眼を使い過ぎだから、山葡萄もスーパー・フードの1つに確定かなぁ。

しかし、危険(笑)

美味し過ぎて、飲み過ぎ確実。。。

「宮古島のナポレオン」名前も良いですよね。

河豚の美肌力②

「食べて綺麗になる」

これは、私のモットー(笑)

そういう意味では冬は素晴らしい食材が揃っている。

先日、大好きな大好きな馬車道にある「菅井」さんでも、かなり美の要素をカラダに注入しました*\(^o^)/*

先日に続いて、今日のメインは河豚でした。

この景色。好き( ´ ▽ ` )ノ

到着早々に、特大白子の御披露(笑)

本当に大きかった(((o(*゚▽゚*)o)))

菅井さんの八寸は、ずっと眺めていたいくらい手が込んでいます。

白子とキャビアです。

この組み合わせ、イイ感じです。

キャビアが盛られた切子の器。
これも素敵( ̄▽ ̄)

コラーゲン☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

前回の復習です(笑)

*河豚の皮 → コラーゲン → 肌の潤いとハリに不可欠
*河豚の身 → 良質なアミノ酸 → 美肌の基盤
*ポン酢 → ビタミンC → コラーゲンのサポートには必須
*冬限定の白子 → 亜鉛 → 若肌の生成に不可欠。お肌のミネラルとも呼ばれるくらい‼︎

もちろん、ヒレ酒も(笑)

2017年2月11日 (土)

お肉の力

強靭な体力を必要とするアスリートは、お肉をガツガツと食べているイメージがある。

イメージ通り、お肉に秘められたパワーは絶大。

筋肉を作る タンパク質

エネルギー代謝には欠かせない ビタミンB群

血液の材料となる 鉄分

潤滑油的な働きをする 亜鉛

エネルギーを作る際に欠かせない コエンザイムQ10

以上はもちろん、様々なビタミンやミネラルが豊富。

さらには、ダイエットにも向いている。

糖質の代謝を促すビタミンB1、B2。

脂質の代謝を促す カルニチン

これらを一度に適度に摂取出来る食材は少ない。

と言うわけで、今夜は麻布十番にある「BULLS」に御一緒させて頂きました‼︎

この「タン」。インパクト大‼︎
縦切りで、全ての部位が一度に頂けるようになっています。

お肉の部位の説明。
絶対に覚えられない(笑)

御一緒した方が「肉奉行」‼︎
お店の方が焼いて下さるより、美味しかったかも(笑)

お肉と雲丹‼︎
ベストコラボ( ´ ▽ ` )ノ

デザート代わりに、ミノとシマチョウ。
どれだけ、食べるんだって感じですよね(笑)

2017年2月10日 (金)

冬が終わる。。。

日本には四季折々の食材がある。

最近は、一年中を通して取れる食材が多くなって、季節感が無くなって来たけれど…。

でも、絶対に冬しか出回らないものも健在。特に、海のものは。

私は、寒いのがあまり好きじゃないけれど、寒い時期の食材が大好き。

その中でも、白子は、冬しか頂けない愛おしい食材(笑)

食べられる時に、しっかりと(笑)

白子の天ぷら。

2017年2月 9日 (木)

仕事を持つ意味

人は、何か大きな理由がない限り、仕事は続けた方が良いと思うことがある。

もちろん、心身の負担になるのはNGだけど…。

仕事を持って、責任と目的、適度なストレスが若さを保つ秘訣なように感じるのだ。

そんなことを思いながら、面白いお店に。

東京でも生簀あり(笑)

築地の「さかなや若竹」さん。

オーソドックス(笑)

帰りに、銀座のbrickに寄ってしまいました。ここのポテトサラダ、なぜか、頼んじゃう(笑)

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad