« 日本人の健康を守る出発点 | メイン | 日本・ベトナム文化交流協会 »

2017年11月14日 (火)

糖質制限①

先日の日曜日に、MXテレビの『サンデークロス』に御一緒させて頂きました‼︎

その中で出た『糖質制限』

色々な意見があると思いますが…。

結論を言えば『自分に見合った“適度な糖質制限”』を推奨(^o^)/

完全に糖質制限するのも、無制限な糖質摂取も、あり得ない‼︎

私たちのカラダでは、常に生きるためのエネルギーを摂取した栄養から産生していますが、口から入って来たものが適当にエネルギーに変換されていく訳ではありません。

エネルギーになるまでには、非常に複雑なプロセスを踏んで代謝が行われて行きます。

糖質の摂り過ぎ →
そもそもエネルギー源過多に間違いありませんが…。 プラス、糖質の代謝に使われるインスリンの分泌量に影響を与え、内臓脂肪の増加を招く可能性大ヽ(´o`;

代謝しきれない糖質は、糖化を起こし、老化・疾病につながることも考えられます。

糖質の摂らなさ過ぎ→
栄養は、糖質→タンパク質→脂質の順番で代謝されて行くと考えられている。(と私も思っているが、夏井先生は、そもそも栄養学が間違っていると仰っていたなあ。もう一度、勉強してみます‼︎)
この時に糖質が無ければ、タンパク質をエネルギーとして使おうとしますが、食べたタンパク質がエネルギーとして使われるには数時間かかります。
そこで、私のカラダはて身近にあるタンパク質=筋肉に手を出してしまう恐れが…。
つまり、適度な糖質を摂っていないと、筋肉が破壊されて行く可能性があると、私は思うのです。

血液中の糖分低下は精神面にも影響を与えるし…(。-_-。)

これが合っているか分からないが、やっぱり、適度な糖質は必要な気がします。

でも、再度、勉強してみます( ̄^ ̄)ゞ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/337012/34092802

糖質制限①を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad