2017年2月12日 (日)

河豚の美肌力②

「食べて綺麗になる」

これは、私のモットー(笑)

そういう意味では冬は素晴らしい食材が揃っている。

先日、大好きな大好きな馬車道にある「菅井」さんでも、かなり美の要素をカラダに注入しました*\(^o^)/*

先日に続いて、今日のメインは河豚でした。

この景色。好き( ´ ▽ ` )ノ

到着早々に、特大白子の御披露(笑)

本当に大きかった(((o(*゚▽゚*)o)))

菅井さんの八寸は、ずっと眺めていたいくらい手が込んでいます。

白子とキャビアです。

この組み合わせ、イイ感じです。

キャビアが盛られた切子の器。
これも素敵( ̄▽ ̄)

コラーゲン☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

前回の復習です(笑)

*河豚の皮 → コラーゲン → 肌の潤いとハリに不可欠
*河豚の身 → 良質なアミノ酸 → 美肌の基盤
*ポン酢 → ビタミンC → コラーゲンのサポートには必須
*冬限定の白子 → 亜鉛 → 若肌の生成に不可欠。お肌のミネラルとも呼ばれるくらい‼︎

もちろん、ヒレ酒も(笑)

2017年2月 9日 (木)

仕事を持つ意味

人は、何か大きな理由がない限り、仕事は続けた方が良いと思うことがある。

もちろん、心身の負担になるのはNGだけど…。

仕事を持って、責任と目的、適度なストレスが若さを保つ秘訣なように感じるのだ。

そんなことを思いながら、面白いお店に。

東京でも生簀あり(笑)

築地の「さかなや若竹」さん。

オーソドックス(笑)

帰りに、銀座のbrickに寄ってしまいました。ここのポテトサラダ、なぜか、頼んじゃう(笑)

2017年2月 3日 (金)

火鍋

トウガラシのカプサイシンを筆頭に、火鍋にはドッサリと健康のサポートになる成分が含まれている。

ちょっと働き過ぎな「いつもの3人組」で、今夜は火鍋です。

これで、明日から、もっと働けます(笑)

お酒は青島ビール&紹興酒。

でも、二次会で日本酒も飲んでしまいました(笑)

酒の肴は、へしこです‼︎

2017年1月30日 (月)

適度な「あぶら」は美の秘訣⁈

「あぶら」を気嫌いする人がいるけれど…。

私的には、NGだと思っている。

だって、脂質はカラダの大切な材料。

人間を形づくる約37兆個の細胞を覆う細胞膜の主成分は脂質。

脳神経を始めとする神経細胞にも、脂質は欠かせない。

そして、女性ホルモンや男性ホルモンの材料も脂質。

適度な「あぶら」は、美にも健康にも欠かせないと、私は信じている。

だから、私は「あぶら」に大きな抵抗感がないのかも(笑)

今夜は大阪。

今夜は一緒にお仕事をしている方のお店で御食事を頂きましたが、先日、大阪の素敵な串揚げ屋さんを教えてもらいました‼︎

心斎橋にある「うえしま」さん。

最高でした‼︎

「カレーパン」。素晴らしい。

一部です。

美味しい串揚げは、永遠に食べられる気がする(笑)

2016年9月13日 (火)

中丸三千繪さん

先日、軽井沢で行われた中丸三千繪さんのコンサートに顔を出して来た。

彼女の歌声は、今更、賞賛することも無いのは分かっているが…。

心をグッと鷲掴みにされて振動が止まないくらい素晴らしい。

でも、それ以上に、彼女の生き方や心持ちに、自分の心が奪われてしまった。

同じ女性として、人として…。

人生を考え直し、勇気をもらった感じ。

私は50%くらいしか、人生を懸命に生きていないし、楽しんでいないような…。

自己嫌悪。。。

いやいや、自己嫌悪なんかしている場合ではない。

素晴らしいピアノとお料理も。

夜、落ち込んだ時は、彼女のことを思い出そう。

2016年8月 1日 (月)

お肉と胃腸力

長生きな人たちは「お肉」をしっかり食べている‼︎なんて話を耳にすることがある。

現に、我が父親も、青年並みに普通にお肉を食べている。

しかし、それを眺めながら「お肉を食べるから元気なのか?はたまた、元気だからお肉を食べられるのか?」と考えることがある。

肉と言えば「タンパク質」だが…。

タンパク質は、消化にエネルギーを要する栄養素である。

つまり、消化吸収には体力≒胃腸力が問われる。

胃腸力は、消化酵素の分泌力も必須の要素だが…。

消化酵素はタンパク質がなければ、構成されない。

んーーーーー。

結局、胃腸が丈夫が先ずは先手必勝的な鍵なのかな。

お肉には元気の源である栄養素が、タンパク質以外にも豊富である。

賛否両論あるが、お肉を食べることはカラダに取ってメリットも多い。

そして、お肉を食べる食べない以前に、お肉を美味しく食べられるカラダ作りが大切なのだと思う。

と言うことで、お肉の画像。

ちょっと前に、面白い仲間と行った焼肉屋さん。

皆、よく食べます(笑)

2016年7月24日 (日)

紫外線と仲良く生きる

ひとつ仕事を片付けて、日テレの前を通ると…。

まだ、先ほどイベントが終わっていませんでした。

今日は、晴れと曇りのあいのこみたいな天気。

そんなに蒸し暑くもなくて、心地良い。

でも、紫外線には注意‼︎

肌奥まで浸透して、シミはもちろん、シワやタルミの原因となるUV-Aは、こんな日こそジワジワと肌を蝕む。

日焼け止めは、must‼︎

そして、コラーゲンの補給も。

私は、インナーケアが一番だと思っている人間なので…。

紫外線と仲良く生きるためにも、ビタミンCとコラーゲンは欠かさない。

音楽イベントに突入していました。

生ライブって、良いですよね。

2016年5月18日 (水)

ノンストップ‼︎

初めて、フジテレビさんのノンストップにお邪魔させて頂きました*\(^o^)/*

御一緒に出演させて頂いた、トップバレリーナの浅川紫織さん。

全てが美し過ぎて、ずっと、見惚れていました(笑)

2人で「美背中」の話。

結論は、日々の欠かさぬケアかな(笑)

私は、今日から「ハミ肉」対策を始めます(笑)

2016年1月 4日 (月)

魚を愛する仲間

日本人が長寿な理由は色々とあると思っている。

食文化。

衛生環境。

水。

医療。

保険制度。

挙げればキリが無いくらい。

その中のひとつが「魚を食べる習慣」だと思う。

特に日本人は、『生』の魚を食べる。

これって、メチャクチャ、体に良いと私は思っている。

なぜなら、若々しい体を作る材料である「タンパク質」と、血液サラサラ&脳細胞を守るDHA&EPAを効率良く摂る最善の方法のひとつだから\(^o^)/

私は、魚が大好き。

特に、お刺身、焼き魚、煮魚…。

和食の魚が何よりも好き。

これが、私の健康維持と美容の秘訣かも⁈

今夜は、そんな魚をこよなく愛し、且つ世界に和食文化を広げようと尽力している仲間と新年会です( ´ ▽ ` )ノ

自撮り。

悲しいくらい、私は下手ですヽ(´o`;

配分が…。

でも、全員、写っているだけ素晴らしい(笑)

私の仲間ですから、もちろん、飲みます(笑)

日本酒に留まらず…。

シャンパンも(笑)

2016年1月 2日 (土)

おせち

横浜です。

でも、実家に帰る訳ではありません(u_u)

目的は、これ↓↓↓

私の愛して止まないお店。馬車道の「菅井」さんのおせちです。

お一人様用(笑)

秋葉原から馬車道まで。

菅井さんのためならば、全くにして遠くありません(笑)

味は勿論ですが…。心が詰まっているのが、一番の素敵なところです。

料理は、体も心も脳も満たしてこそ、一流というものなのでは無いでしょうか?

行きは、晴天で眩しいほどの明るさだったのに…。

大将と話し込んでいたら、すっかり夜(笑)

2015年11月26日 (木)

台湾でもコラーゲン(笑)

 台湾で開催されるイベントに協力しており・・・。

 台湾です。

http://www.zipangood.jp/product/exhibition/taiwan2015/

 今回、27日に神戸で講演の仕事が入っており・・・。

 ちゃんとした食事は1回だけしか摂れない悲しいスケジュールですcrying

 仕事の仲間と、ここでもコラーゲンを頂きましたよ(笑)

Tai

Tai1

2軒目は、台湾らしく・・・。道端です(笑)

Tai2

2015年11月21日 (土)

「筑紫樓」でコラーゲン

 今に始まったことではないけれど・・・。

 私は、コラーゲンを非常に重要な栄養素のひとつだと思っている。

 たまに、「コラーゲンなんて、食べても意味が無い‼」と豪語している方を見かける。

 喧嘩をするつもりは全くないが、ハッキリ言って、ふ・る・い‼

 コラーゲンを摂取することで得られるメリットは、幾つもデータをもって発表されている。

 コラーゲンは、コラーゲンとして、口から摂る意味があるのだ。

 でも、残念ながら、世の中には「コラーゲン」という名前が付いていても、「コラーゲン」としての意味が無さそうな商品も出回っている。

 だから、私は、安心&信用出来る「食物からの直接的なコラーゲン」と「アテロコラーゲン」のどちらかしか殆ど摂らない。

 と言う訳で、今日は、フカヒレ&魚の皮膚?。

 銀座の筑紫樓です。

 http://wp.tsukushiro.co.jp/

Tu

Tu1_2

Tu2

Tu3

Tu4

Tu5

ハタも頼みましたが・・・。

メインは、身より皮&肝&腸です(笑)

Tu6

 

 

2015年10月28日 (水)

「ボケない」ために・・・ ①

 今夜は、「ボケない」作戦会議?

 自分のためは、もちろん(笑)

 これからの日本にとっても、必須な課題だろう。

 「ボケない」ためのサポート方法は色々とあると思う。

 でも、色々あるにも関わらず、実践できる環境や援助が少ないのも事実だと思う。

 例えば「頼られるという責任感」。

 皆がそうである訳ではないけれど・・・。

 「頼られる」ことは「生き甲斐」につながったりする。

 「生き甲斐」は、脳細胞を活性化させる可能性が高い。

 ある方がこんな話をなさっていた。

 『子供も立派になり、会社も無事に退職し、今は、夫婦で施設に入り、のんびり楽しく過ごしているはずなのに・・・。物足りなくて、仕方がない。。。』

 凄く、勿体無い‼

 人生の経験は、大きな人類の財産だと思っている。

 そんな経験を、胸に閉まったままでは、宝の持ち腐れのような気がしてたまらない。

 だから、この沢山の財産をどうにか出来ないか、作戦会議\(^o^)/

 美味しく、楽しく、ワクワクしながら食事をすることも「ボケない」ためのひとつかな?

 http://bistro-miyamasu.jp/

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13184705/

Si

Si1

Si2

Si5

Si4

 

2015年10月11日 (日)

『じゃこ』には、コラーゲンがたっぷり‼

 意外と知られていないけれど・・・。

 「じゃこ」は、コラーゲンが豊富に含まれている食材のひとつ。

 母の実家が静岡だけに、小さな頃から、しらすはよく食べていたなあ。。。

 そのせいか、しらす(じゃこ)好き‼

 生も、茹でも、干しも・・・。

 全部、好きhappy02

Ko

鹿児島から‼

大久保水産さんの『鹿児島ちりめん』

今日は、お嬢さんがいらっしゃっていました‼

Ko3

Ko13

大好きな『ス・ルラクセ』さんも出店‼

Ko10

Ko1

もちろん、藁焼きカツオも。

Ko9

さすが名産。ゆず商品がイッパイ‼

Ko2

キムチもありました(笑)

 

2015年10月 8日 (木)

コラーゲンは「原型」が良いのでは・・・

 私の中でもコラーゲンの原点は「原型」であること。

 何故なら、人間の消化酵素は、その栄養素ごとに決まっていて、それが体内で上手く活用されるように分解してくれるものが多いから。

 コラーゲンもその一つだと思っている。

 だから、基本は食事からのコラーゲン。

 不足分は「アテロ・コラーゲン」と決めている。

 そんな中でもコラーゲン補給場所の一つが、「田中田」。

http://tanakada.net/menu/

 今夜は、西麻布shine

Img_0255

 コラーゲンは「皮」の部分に多い。

 「𩺊の骨蒸し」はテッパン(笑)

2015年10月 7日 (水)

最近のマイブームは“コラーゲン”

 最近「コラーゲン」にハマっているshine

 昔から、意識して摂っている成分のひとつだけれど・・・。

 最近、強化!!

 なぜか?

 先日、湯船の中でマジマジと自分のお腹の肌をみて・・・。

 マズいcrying

 と、再認識(笑)

 タルんできたし、肌触りもイマイチな・・・。

 誰に見せる訳でもないので、かなり放置状態だったのが良くなかったshock

 今から、再起なるか・・・。

 運動とコラーゲンの力を信じるのみ(笑)

 成果は、逐一、御報告します!!

 と、言いながら、しっかり食事はしますsmile

 博多ですscissors

Img_0245_2

店内に中庭fuji

Img_0247

Img_0248

2015年10月 2日 (金)

美容のアイテム!!

 お肌の状態を決めるのは、外側から3割・内側から7割‼だと思っている私は、「食べる」ことも美容ケアの一つとして大切にしています。

 その中のイチオシのひとつが「鰻」。

(ただ単に、好物なだけかも・・・笑)

 鰻には、豊富なコラーゲン、ビタミンA&E、ビタミンD、ビタミンB1&B2&B12、セレン・・・。

 肌、骨、目、各種臓器に嬉しい栄養素がタップリ。

 素晴らしい和の食‼

 と言う訳で、浜松の『かんたろう』。

http://www.kantarou-unagi.com/

 Una

Una1

Una2

Una3

 

2015年8月 9日 (日)

20人に1人が要介護・要支援‼

 今日の日経に、こんな記事。

An4

 大問題だと思う。

 日本人の寿命はさらに伸び・・・。

 男性 80.50歳

 女性 86.83歳

 男女共に80歳を超えた、と発表があったけれど。。。

 寿命が延びれば良い、というものでも無いのではないかと思う。

 現在、606万人と言われる要介護・要支援の必要な人口は、25年には800万人を超えるとも言われている。

 既に医療費の増大に頭を抱えている状態なのに・・・。

 これでは、さらに医療費の自己負担が増えるのは目に見えているよねbearing

 そして、私が最も問題だと思うのは、『人生が楽しくなくなる』可能性。

 もちろん、介護や支援を受けても幸せに楽しく毎日を送られている方も多いだろうが・・・。

 介護や支援が必要になることで、自分の思い通りの人生が過ごせなくなる可能性もある。

 例えば、自分の大好きな場所に、自分の好きな時に、自由気ままに行くことは、多分難しくなる。

 例えば、自分の大好きな食べ物を、自分の好きな時、自由気ままに食べることは、多分難しくなる。

 例えば、自分の愛してやまない趣味を、自分の好きな時に、自由気ままに行うことは、多分難しくなる。

 絶対では無いけれど、そんな可能性が出て来るかもしれない。

 だから、後世のためは勿論だけれど、自分自身のために、介護や支援は最小限に抑えたいと、私は思う。

 余計な御世話かもしれないけれど、多くの方々にも、そうでいて欲しい。

 じゃあ、どうすれば良いのか?

 色々あると思うが、その中の一つが『足腰を健康で丈夫に保つ』ことがあるのではないかなあ。

 介護や支援が必要になる要因も一つに、自分で歩けない、寝たきりなどがある。

 年齢を経れば、仕方はないことかもしれないけれど・・・。

 でも、出来る限りの予防は自分自身でやるべきだと思っている。

 筋肉を維持する

 骨を丈夫に保つ

 関節の老化を食い止める

 それには、運動習慣と食習慣が重要。

 適度な運動を、「ながら運動」でも良いから毎日、行う習慣

 食生活の中で、タンパク質やコラーゲン・エラスチンの多いものを摂る習慣

 難しければ、健康補助食品を摂るのも、長寿な世の中にはありだと思う。

 

2014年12月26日 (金)

冬の乾燥肌には ~牡蠣~

 私は、乾燥しない。

 どこかで流行っていた言葉を使うと・・・。

 『私、乾燥しないので。』みたいなcatface(笑)

 なぜか?

 正しいスキンケアと肌に良い栄養をタップリ摂っているから。

 当たり前ですが。。。

 そんな、私のオススメ食材は『牡蠣』。

 海のミルクとも呼ばれる牡蠣には、美肌には必須のアミノ酸やビタミン類、そして亜鉛を始めとするミネラルがタップリshine

 だから、家でも外でも、牡蠣を良く食べている。

 と言うより、牡蠣が大好きだから、知らずと良く食べているだけなのですが・・・sweat02

 私のオススメ・レシピは、こちらをdownwardleft

http://ameblo.jp/tomokomabuchi/

 今夜は、打ち合わせしながら、牡蠣‼

 銀座の『OASIS』さん。

http://www.ginza-oasis.com/

O

 牡蠣とキノコのアヒージョwine

O1

O2

O3

カウンター席、大好きrestaurant

O4

 タラバガニのクリームパスタ。

これ、かなり美味しかったsmile

2014年12月17日 (水)

食べてキレイになる‼ ~牡蠣&白子~

 今日の最後は、東京ドームシティ・・・。

 やっと帰宅wobbly

 って、そんな遅くは無いけれど・・・(笑)。

 そんな疲れた時の、冬の最強アイテムが「牡蠣&白子」shine

 私が疲れ知らずなのも、保湿剤をほとんど必要としないのも・・・。

 牡蠣と白子が、絶対に一役買ってくれているはず(^^)v

 共通して多い成分は「亜鉛」

 亜鉛=お肌のミネラルhappy02

 亜鉛=ホルモンのサポート役には必要不可欠confident

 亜鉛=様々な代謝を円滑に行う70種類以上に関係coldsweats02

 亜鉛=免疫力を陰で支えるpunch

 それ以外にも沢山ある。

 アレルギーの抑制をサポート

 成長を促す

 骨を丈夫にする

 味を感じるには不可欠

 精力増強

 脱毛予防

 ・・・・・挙げたら、キリがない‼

 なんて素敵な食べ物なんだろう牡蠣&白子は§^。^§shine

 と言う訳で、夜食は、「牡蠣と白子の楽々鍋?」に決まりscissors

 そうそう。

 私は、もうひとつ、ブログがあったbearing

 http://ameblo.jp/tomokomabuchi/

 

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad