2017年2月11日 (土)

お肉の力

強靭な体力を必要とするアスリートは、お肉をガツガツと食べているイメージがある。

イメージ通り、お肉に秘められたパワーは絶大。

筋肉を作る タンパク質

エネルギー代謝には欠かせない ビタミンB群

血液の材料となる 鉄分

潤滑油的な働きをする 亜鉛

エネルギーを作る際に欠かせない コエンザイムQ10

以上はもちろん、様々なビタミンやミネラルが豊富。

さらには、ダイエットにも向いている。

糖質の代謝を促すビタミンB1、B2。

脂質の代謝を促す カルニチン

これらを一度に適度に摂取出来る食材は少ない。

と言うわけで、今夜は麻布十番にある「BULLS」に御一緒させて頂きました‼︎

この「タン」。インパクト大‼︎
縦切りで、全ての部位が一度に頂けるようになっています。

お肉の部位の説明。
絶対に覚えられない(笑)

御一緒した方が「肉奉行」‼︎
お店の方が焼いて下さるより、美味しかったかも(笑)

お肉と雲丹‼︎
ベストコラボ( ´ ▽ ` )ノ

デザート代わりに、ミノとシマチョウ。
どれだけ、食べるんだって感じですよね(笑)

2016年8月 2日 (火)

スポーツと栄養士

7月30日。

我が校のオープンキャンパスに、かおる姫ことビーチバレーの菅山かおるさんが足を運んで下さった。

そして、菅山さんの経験を踏まえて「アスリートのための栄養と運動」をお話頂いた。

その中でも、特に印象に残ったことは…。

◆ むやみやたらとサプリメントを摂るのはNG

◆ ひとりひとりに見合った食事・サプリメントがあり、それを摂ることが最高のカラダをつくり、最高のパフォーマンスを生む

◆ 小さな頃から栄養士に「栄養の知識」を学べたら素晴らしい

◆ 栄養士の存在で、試合に集中することが出来る

◆ アスリートはワガママが多いけれど、それに負けずに指導することが愛情でもある

まだまだ、良いことを沢山沢山、お話して下さった。

栄養士って、アスリートにとって本当に重要なんだと再確認。

そして、そんな大切な存在である栄養士を目指す学生さん達を預かり、教える私達の責任の重さも心底実感。

我が校は、自負するのも何だけれども…。

素晴らしい教員が多いと思う。

是非、我が校で一緒に学んで欲しいと思う。

2015年11月27日 (金)

日本フィットネスコンベンション

 第1回 日本フィットネスコンベンション大会 が神戸で開催。

http://i-fit-w.jp/

 講演者の一人として御招待を受け、台湾から神戸に直行ですdash

 私は、フィットネス(ダンス)と栄養と健康の話shineをします。

 「体を動かす」「栄養」「健康増進」は、トライアングル。

 絶対に、切っても切り離せない関係。

 なのに。。。

 意外と、バラバラに進行しているのが現状だと思う。

 と言う訳で、運動&栄養&健康を普及すべき活動をサポートさせて頂いております。

Hal

Hal1

 さすが‼フィットネス大会。

 皆、踊っていますhappy02

Hal2

Hal5

 男性陣は、ベリーダンスに釘付けです(笑)

Hal3

 私は、ペナンのハラール担当大臣と、ハラールの食の多様性について語りました‼

Hal4

2014年12月17日 (水)

予防栄養学

 私は色々な仕事をしているけれど・・・。

 すべての根本にあるのは『食』restaurant

 食いしん坊‼、っていうのもあるけれど(笑)

 されはさておき・・・。

 人間の体を通過するものは、ほとんどから『口』から入るもの。

 「食べるもの」「飲むもの」がどんなに大切なのか、考えなくても当たり前だよねgood

 と言う訳で、食糧学院という栄養士・管理栄養士・調理師などを育成する専門学校で、理事を務めながら講座も持たせて頂いています。

http://www.shokuryo.ac.jp/

 幾つか持っている講座の中で『予防栄養学』というものがある。

 内容は、その名前の通り。

 日頃の食事を意識することで、いかに健康を維持できるか。

 また、スポーツ選手などの体をベストに保ち、パフォーマンスを最大限に発揮させることが出来るか。

 明日は、『免疫』の話をする予定。

 免疫=自分自身を守る働きpunch

 免疫が正常に働いていれば、病気にかかりにくいし、もし病気を患ったとしても重症には至らないだろう。

 (ちなみに、私はこの10年くらい風邪をひいた記憶すらない・・・gawk

 免疫がくるうと、もっと、恐いこともある。

 免疫は、本来は自分自身を守るために働くはずが・・・。

 自分自身を攻撃してしまったりすることがあるのだ。

 だから、免疫機能を正常に保つことは、スゴくスゴく大切。

 そこで、私のコダワリのひとつが『酵素』。

 体の代謝機能を円滑に行い、かつ、腸内環境を整えることは、免疫の基盤だと思っているけれど・・・。

 それには、『酵素』が必須だからwink

 新鮮な果物&生野菜

 発酵食品

 これは、欠かせない。

 でも、十分に摂れないときは、サプリメント的なものか最近、流行っている酵素ジュースも良いかもflair

  

Kouso

 

 

2012年12月28日 (金)

疲労とアミノ酸

 今日は、日頃の御礼に、某病院のドクターを御招待してディナー。

 このドクター。超多忙でありながらも、スポーツマニア。

 現在、数ヵ月後に控えた42.195㎞のマラソン・レースに向けて、走り込んでいるらしい。

 そんな時間と気力、どこにあるのだか・・・。

 恐れ入る。。。

 で、ちょっとだけ、スポーツにするに当たってのコツを。

 「運動しても、直ぐに、疲れちゃう。」とか「次の日に、残るから嫌っ‼」って人いますよね。

 そんな方には『賢いアミノ酸補給』ですflair

 「体を動かす」ってことは、「筋肉が破壊されている」、とも言える。

 ってことは、筋肉がスムーズに修復されなくては、筋肉ダメージが残って、疲れ易いし疲れも残る。

 と言う訳で、筋肉修復に不可欠な材料である『タンパク質』を十分に摂ることが鍵なのだ。

 でも、「タンパク質」は消化にやや負担が掛かる。

 で、消化吸収がスムーズな「アミノ酸」を上手く利用する。

 運動前にアミノ酸。運動後にタンパク質。とか。

 私もウォーキングは大好きだけれど・・・。

 あんまり、ジョギングはしないなぁ。。。

 今夜は、先日、御紹介されていった銀座の 『てんぷら 真』 に。

http://tempura-masa.jimdo.com/

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13094471/

 今夜も、沢山、頂きました。

 白子、牡蠣、香箱蟹、スッポン・・・。冬の味覚もタップリ。

Ten1 Ten

Ten2

Ten4 Ten5

 ここのワイングラス。かなりゴージャスです。

 シャンパンからのモンラッシュ系の白で。

 遠目に見えたカラスミは、まだ、熟成中で頂けませんでしたgawk

 香箱蟹が、かなりイイ感じでした。

2009年2月21日 (土)

bjリーグ 初観戦

 『bjリーグ』って御存知ですか?

 正式名称は『日本プロフェッショナルバスケットボールリーグ』basketball 日本のバスケットボールを活性化させて、地域社会におけるスポーツ文化の向上と国際化に貢献することを目的としているらしいですpaperbasketball

 そんな堅いことは置いておいて・・・。

 今日は、スポーツ関連の仕事を含めて、観戦に来ましたwink bjリーグは初shine スポーツは勿論、自分自身がやった方がカラダにも心にも良い効果を生みますが、でも、観るのも、また良いものですよねflair

 しかも、テレビ観戦より、会場に出向けば、本戦の臨場感や緊張感を共有出来るだけでなく、応援で熱くなれば、ストレスも発散punch

 結構、身近な場所で色々なスポーツ観戦が出来るものですscissors

  http://www.okinawa-basketball.jp/

 

20090221bj1 20090221bj2

20090221bj3

 やっぱり、目の前での観戦は良いものですflair 仕事を思わず忘れて、熱くなってしましましたcoldsweats01

 是非是非、皆さんも足を運んでみて下さい。

 ついでに、『美ら海 水族館fish』の写真もwave

 24時間ふる活用したい派の私は、少々、離れていましたが、行ってきましたよscissors

  http://www.kaiyouhaku.com/

200902211 200902212

200902213

  凄いですよねwobbly 水槽のガラスの技術は、日本が一番らしいです。それにしても、これだけ大きな水槽の水圧に耐えるガラスを作るって・・・。

 

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad