2017年6月25日 (日)

徳島に「食」を求めて…①

日本には、全国各地に素晴らしい食材が沢山ある。

私の一つの使命は、この隠れた食材を見つけ出し、日本の産業を活性化することはもちろん、日本人の健康に役立てて行くことだと思っている。

で、徳島県の穴吹に縁があって参りました(笑)

脇町うだつの町並み」

いい雰囲気です。

自働電話(笑)

自分で働く電話?

2017年2月28日 (火)

ホジャリ大虐殺

今日は、アゼルバイジャンの大使館で1992年の「ホジャリ大虐殺」を想い、考える集まり。

歴史的だけではなく、今現在も、人間同士の決着の付け方には、考えさせられることは多い。

心も体も傷付けない方法は、無いものなのだろうか。



ギュルセル大使が、深い想いを語って下さいました。

2017年2月20日 (月)

一足先に河津桜

日本人で桜が嫌いな人って、いるのかなぁ?って思うくらい、日本人は桜好きな気がする。

寒かろうが、煩かろうが、お花見文化は根強いし…。

桜がある所に、人は惹かれて行くよね。

伊豆のコンサートの後、河津桜を観に行かれるというので、御一緒させてもらいました(笑)

2月下旬で、こんなに桜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

凄い♪───O(≧∇≦)O────♪

もちろん、「花」だけでなく「団子」も忘れません(笑)

2017年2月14日 (火)

アイディア商品

「食」に対するアイディア力。

どの国、どの地方。どこに行っても、凄い‼︎って思うものは沢山あるけれど…。

空の上のアイディア商品のナンバーワンは「ドライなっとう」だと勝手に思っている(笑)

「なっとう」は国民食。

納豆が無ければ始まらない‼︎って人も多いけれど…。その一方で、大ッ嫌い‼︎って人も意外に多い。

そんな人達の「なっとう」への苦手要素が取り除かれたのが「ドライなっとう」な気がする。

日本人の食への探究心の賜物のひとつ。かな…。

機内で思わず頼んでしまいます(笑)

2017年2月10日 (金)

冬が終わる。。。

日本には四季折々の食材がある。

最近は、一年中を通して取れる食材が多くなって、季節感が無くなって来たけれど…。

でも、絶対に冬しか出回らないものも健在。特に、海のものは。

私は、寒いのがあまり好きじゃないけれど、寒い時期の食材が大好き。

その中でも、白子は、冬しか頂けない愛おしい食材(笑)

食べられる時に、しっかりと(笑)

白子の天ぷら。

2017年2月 7日 (火)

エビ・プロジェクト(笑)

日本人はエビ好きが多い。

いやいや。世界中、エビ好きは多いのかも。

と言う訳で、密かに「エビ・プロジェクト」を遂行中(笑)

今日は、銀座の「マダム・シュリンプ」に視察?です。って、ただ、海老を食べに来ただけですが…(笑)

ここは、30年の歴史を持つお店。

海老。
こんなに品揃えあり*\(^o^)/*

エビ尽くし(笑)

2017年1月31日 (火)

鹿児島の夕べ

今夜は御招待を受けて、鹿児島の夕べに伺いました。

鹿児島の「食」がメインでしたが、鹿児島が渋谷に凝縮された感じ(笑)

お知り合いが沢山いました‼︎

私が応援している日本の織物のひとつ「大島紬」の会長と飲み仲間?の河口先生。

鹿児島の黒牛は、坂井シェフ自ら調理、取り分けていらっしゃいました。

坂井シェフ&工藤シェフには、食糧学院でも色々と御世話になっていますが…。

今年は、何かコラボがしたい‼︎と勝手に思っています(笑)

2016年12月 3日 (土)

コーヒーに開かれた未来

コーヒー業界の巨塔でもある「タリーズ」さんと「ルノアール」さんのトップ対談に出向いて参りました。

日本も「コーヒーを飲む」習慣が一般化してきた。

平均すると1週間に11.2杯くらい飲んでいるらしい。

コーヒーの消費量的には世界29位と低いが…。

お茶文化の日本が、ここまでコーヒーを飲むようになったのは、凄いことだと、私は思う。

最近は、コンビニでも手軽にドリップコーヒーが飲める。

コーヒーの世界は、日本においては、もっともっと、変わっていくのだろうな。

今日も、勉強になる話が沢山、伺えました。

2016年12月 2日 (金)

江戸切子

「和食」の深さは、器にもあると思っている。

食材や出汁を使い分け、合わせ醸し出すならば、器も同じである。

その食材を、その作品を、生かすも殺すも、器の役割は大きい。

そして、お酒を共にするお猪口も。

今日は、素敵な江戸切子が華を添えてくれました。

お鮨が大好き④

仕事の打ち合わせ後、そのまま、お食事。

今夜は、御一緒の方が一目惚れしたというお鮨屋さんへ。

六本木「蔵六雄山」

隠れ家ぽい場所。

お鮨は、「和食」の技術が散りばめられている気がする。

雄山さんのお鮨は、味の融合も上手でした。

特に「酒盗」の使い方が面白かった。

和食って、深いなあ。

お味噌汁って、何でこんなに癒されるだろう(笑)

2016年8月 7日 (日)

ネーミング

人の名前は、社会の流れと共に変化する。

最後に「子」が付く女の子の方が珍しい時代を40年前には想像もしなかったはず。

その時の流行も反映される。

そう思うと「名前」に対する意識というか感覚がラフになったのかもしれない。

人の名前だけではなく、物の名前も同じ。

ユニークと言うか、常識破りと言うか…。

良いことなのか、微妙なのか(笑)

今夜は、面白い?日本酒にも出会いました。

こう言う名前もあるのですね( ´ ▽ ` )ノ

勿論、他にも飲みました(笑)

オリンピックにかけて(笑)

日本酒には、やっぱり、お魚です。

2016年8月 2日 (火)

何気なく、でも、しっかりと、夏を感じるシチュエーション。

日本の夏は素敵だと思う。

春夏秋冬を感じにくくなっている今日この頃だけれど…。

心のためにも、カラダのためにも、季節に合わせて生きることは重要。

夏の陽射しと空の色。

それを浴びたくて、室外の席を選んでしまうことが多い(笑)

久しぶりに代官山の「ASO」。

ここの中庭のテラス席が好き。

お祭りが多いのも夏。

神楽坂で阿波踊りに遭遇。

凄い人集りです。

でも、気持ち良い混雑。

お鮨屋さんも、夏らしい食材。

神楽坂の粋なお鮨屋さん。

2016年7月24日 (日)

鉄道発見伝

朝から京浜急行の番組を観た影響なのか…。

汐留で日テレのイベント「鉄道発見伝 鉄兄ちゃん藤田大介が行く‼︎」と言う、まさに鉄道のイベントに遭遇。

事柄は連鎖する(笑)



ちょっと、立ち寄りました。

せっかくだし( ´ ▽ ` )ノ

これから、音楽イベントもあるみたい。

夏は、テレビ局のイベントが多いですね。

2016年7月23日 (土)

今年、初めての花火

7月20日。

今年、初めての花火。

場所は逗子マリーナ。

南国ぽい(笑)

家族&ほぼ家族(笑)な仲間が集まって、花火鑑賞。

と言うより、私は「食」が楽しみで逗子まで来た感じ(笑)

ミシュラン2つ星の某和食屋さんが腕を振るって下さいました。

花より団子(笑)

うに&アワビ&アワビの肝

たまりません(笑)

毛蟹。

内輪の集まりなので、後片付けを考えて紙皿ですが…。

味はミシュランです‼︎

まぐろづくし。

素晴らしい(笑)

ローストビーフも絶品です。

あっ。

ちゃんと、花火も観ていますよ。

心から分かり合える、繋がれる、飾らない、そんな関係は心の癒し。

幸せだな。

2016年7月19日 (火)

「白」の時代 text by JiroAsada

JALに乗るなら機内誌の『「白」の時代』を読むべきだ、とある方から勧められた。

浅田次郎さんが書いた「牛乳」への想い。

これを勧めて下さった方も「牛乳持論」を持たれている。

「牛乳」への賛否両論は永遠のテーマだと思う。

日本人の牛乳に対する「牛乳神話」は絶えることは無いだろう。

毎日の牛乳1杯を健康の基本とする世代。

銭湯や温泉の涼み所の傍らから、牛乳の存在が無くなる日は考えられない。

1リットル以上の牛乳を飲み、心身共に充実感と満足感を得る体育会系の若者達も少なくない。

かたや、牛乳を完全否定するドクターもいる。

人類の腸内環境を悪化させ、アレルギーを始めとする種々の病気の原因をつくるのは、「牛乳」の何者でもないと断言する友人医師さえいる。

果たして、どちらが正解なのか。

私の結論は、「どちらも正解」。

人の「食」に対する思いや考えは、エビデンスとは無関係であり、また、エビデンスを越えることがあるからだ。

「結果」は、確かに重要である。

しかし、人間は「結果」を左右させる能力がある。

それが「持論」であり「思い入れ」だ。

「カラダに良い」と思えば「カラダに良い結果」をもたらし、「持論」を突き進むことで「心身の満足感」をもたらす。

勿論、持論や思い入れを展開するだけでは結果に結び付かないことも多い。

そこは医学的なエビデンスも参考にして欲しいが…。

所詮、人は頑固な生き物だから難しいことも多い(笑)

牛乳だけではないが、その人の生きた時代と環境、そして周囲からの影響が「食」の原点を担う。

それに抵抗することは、基礎工事からのやり直しと同様、かなり大変である。

浅田次郎さんが仰るように、結果として牛乳が期待ほどの効果・効能を持ち得ていないと分かったとしても、牛乳を飲む人は嬉しく牛乳を飲む訳である。

だから、私は「どちらもあり」(笑)

個人の持論と嗜好を最大限に尊重した医療を徹底することも私のポリシーである。

是非、JALに乗る機会があれば、読んでみて欲しいなあ。

浅田次郎さんの世界観も面白いし。

ちなみに、私はカラダに良い悪い以前に、乳製品を使った料理が好きだから普通に摂っている(笑)

牛乳と合う料理も多いし…。

2016年4月 9日 (土)

潮干狩り

久しぶりに、実家。

実家の近くには、潮干狩りが出来る場所が…。

小さい頃は、よく行ったな。。。

今夜は、春な感じのお料理が並びました。

このボンゴレ。コリアンダー風味で、滅茶苦茶に美味しい‼︎

「母親って、料理の天才だなあ…。」と。

誰もが思うだろうけれど、私も実感。

妹の作った「筍ご飯」もありました。

2016年3月10日 (木)

大島紬と鹿児島の食を楽しむ夕べ2

お料理は鹿児島の食材を使って、柿安の惣菜事業部の総料理長とサンロイヤルホテル鹿児島の天川料理長のコラボ*\(^o^)/*

興さんと( ´ ▽ ` )ノ

大島紬のショーもありました。
全て大島紬だとは思えない‼︎

大島紬と鹿児島の食を楽しむ夕べ 1

「本場大島紬と鹿児島の食を楽しむ夕べ」に御招待されました。

大島紬を身に付けること‼︎のドレスコードあり。

2016年1月30日 (土)

地方再生‼ in 京都

地方再生?の一貫として、京都に来ました。

なんで、京都?

京都は、観光客で賑わっているのに‼︎

そんなことを思う方も多いかもしれませんが…。

京都だって、広い。

全てが賑わっている訳でもなければ、黒字という訳でもないのです。

古都としての素晴らしい文化が引き継がれている都市。

守ると共に、確実な継続を考えるべきですよね。

と言う訳で、京都です。

細部にも趣きが溢れているよね。

2015年12月31日 (木)

新幹線 in 台湾

台北⇆台中は、新幹線移動です。

日本から取り入れた新幹線システムらしいです。

力士と新幹線(笑)

チケット売る場は、日本で言うグリーン車と普通席を分かれていました。

これ、イイと思う。

駅弁(笑)

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad