2018年1月17日 (水)

ふるさと祭り

東京ドームシティのイベントで見つけた「ふるさと祭り」。

お知り合いが出展されていることを知り、僅かな時間しか滞在出来ませんでしたが、出向いて参りました。

凄い「人」で、びっくり((((;゚Д゚)))))))

全国のお祭りも観ることが出来て、観て食べて学べる祭典でした。

2018年1月 7日 (日)

ギリギリで七草粥‼︎

1月7日は、七草粥ですよね。

朝から、幕張メッセで…。

夜になってしまいましたが、七草粥。

母・特製‼︎

今夜は、今年、初の実家です。(毎年、これが最初で最後にならないように、心がけています…笑)

春の七草の単純な塩味の粥ですが、優しさが染み渡ります。

今年も、これで「無病息災」o(^_-)O

力をつける為に、鰻重も(笑)

我が家イチオシの「隅田川」さん。

いつも、数時間滞在しか出来ない実家ですが…。

やっぱり、家族は落ち着きます。

この家族の元に生まれて、育って、本当に幸せだなぁ、って思います。

2018年1月 4日 (木)

勝尾寺

私がお手伝いしている会社の役員メンバーと、大阪の勝尾寺に初詣に出向いて参りました。

朝、早い(>_<)けれど…。

縁起良く、富士山も拝めました。

私は、慣わしや風習、伝統や文化を守りたいと思うタイプ。

小さい頃に比べたら、お正月らしさは半減していますが…。

一緒に仕事を成功させたいと思う仲間との初詣は、心が好い。

帰りは、新大阪駅で串カツ‼︎

「かつ」で〆ます(笑)

ご当地スナックとビールも。

今年、1年もまた、心から満足いく毎日が成し遂げれますように…。

2017年12月14日 (木)

鶴来窯

一度も足を運んだことが無かった「淡路島」。

素晴らしい窯元があるとのことで、出向きました。

鶴来窯

http://www.kakurai.net

写真では、上手く伝わら無いけれど…。

久々に感動。

釉薬なしで、これだけ表現、クリスタル感、味わいが出せるのは、凄い‼︎

1400度のなせる技と仰っていたが…。

日本の歴史と技術に感嘆するばかり。

淡路島を訪れたら、必ず、足を運ぶべき。

2017年12月 2日 (土)

日本・ベトナム文化交流協会

日本・ベトナム文化交流協会の皆さんとベトナム・ハノイです。

大きな目的は3つ。

日本語学校の訪問による日本とベトナムの教育や留学、日本での就労の充実化。

日本語スピーチコンテストの開催。

現地の学校でのピアノ・クラリネット演奏会の開催。

現地の子供たちも歓迎して下さいました‼︎

音楽に国境って無いことを再認識。

ベトナムは初めてですが、もっともっと深い交流のサポートをしたいと。

2017年11月10日 (金)

日本人の健康を守る出発点

今日は、「食生活文化賞授賞式」に出席する為に、上野まで足を運びました。

素晴らしいことに、私が副学院長を務める東京調理製菓専門学校の校長が教育の部門で賞を頂くことに‼︎

私たちのカラダは、自分自身が食べたものによってつくられている。

そう思うと「食」を担う学生を育てている本学院の責任を実感。

最近「食」に興味を持たない方が増えているという話も耳にする。

食べることは、健康に生きる基本だし…。何より、楽しくて幸せを生み出すひとつのアイテムでもあるはず。

これからの「食意識」も課題かな。

上野は、パンダですね(笑)

2017年8月 1日 (火)

桂文枝師匠と薔薇の会

薔薇の会が主催する桂文枝師匠のお誕生日会に出向いて参りました‼︎

薔薇の会は、女性として美しく輝きながら社会で活躍している女性の集まりで、文枝師匠から学び、そして師匠を応援する女性たちでもあります。

光栄なことに、数ヶ月前から薔薇の会の仲間として迎えて入れて頂きました‼︎

自分自身が仕事をしていて、「女性」であることが不利だと思うことも多いけれど…。

でも、「女性」だから出来ること、特していること、許されてしまうことも沢山ある。

そして、社会には、年齢関係なく、目標となったり、支えられたり、助けられたり、感動させられたり…。

自分の人生に影響を与えてくれる女性がいる。

薔薇の会のメンバーは、そんな、私の憧れる女性ばかりで…。

私も、ちょっとでも近付けるように尽力しようと‼︎

2017年6月25日 (日)

徳島に「食」を求めて…①

日本には、全国各地に素晴らしい食材が沢山ある。

私の一つの使命は、この隠れた食材を見つけ出し、日本の産業を活性化することはもちろん、日本人の健康に役立てて行くことだと思っている。

で、徳島県の穴吹に縁があって参りました(笑)

脇町うだつの町並み」

いい雰囲気です。

自働電話(笑)

自分で働く電話?

2017年2月28日 (火)

ホジャリ大虐殺

今日は、アゼルバイジャンの大使館で1992年の「ホジャリ大虐殺」を想い、考える集まり。

歴史的だけではなく、今現在も、人間同士の決着の付け方には、考えさせられることは多い。

心も体も傷付けない方法は、無いものなのだろうか。



ギュルセル大使が、深い想いを語って下さいました。

2017年2月20日 (月)

一足先に河津桜

日本人で桜が嫌いな人って、いるのかなぁ?って思うくらい、日本人は桜好きな気がする。

寒かろうが、煩かろうが、お花見文化は根強いし…。

桜がある所に、人は惹かれて行くよね。

伊豆のコンサートの後、河津桜を観に行かれるというので、御一緒させてもらいました(笑)

2月下旬で、こんなに桜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

凄い♪───O(≧∇≦)O────♪

もちろん、「花」だけでなく「団子」も忘れません(笑)

2017年2月14日 (火)

アイディア商品

「食」に対するアイディア力。

どの国、どの地方。どこに行っても、凄い‼︎って思うものは沢山あるけれど…。

空の上のアイディア商品のナンバーワンは「ドライなっとう」だと勝手に思っている(笑)

「なっとう」は国民食。

納豆が無ければ始まらない‼︎って人も多いけれど…。その一方で、大ッ嫌い‼︎って人も意外に多い。

そんな人達の「なっとう」への苦手要素が取り除かれたのが「ドライなっとう」な気がする。

日本人の食への探究心の賜物のひとつ。かな…。

機内で思わず頼んでしまいます(笑)

2017年2月10日 (金)

冬が終わる。。。

日本には四季折々の食材がある。

最近は、一年中を通して取れる食材が多くなって、季節感が無くなって来たけれど…。

でも、絶対に冬しか出回らないものも健在。特に、海のものは。

私は、寒いのがあまり好きじゃないけれど、寒い時期の食材が大好き。

その中でも、白子は、冬しか頂けない愛おしい食材(笑)

食べられる時に、しっかりと(笑)

白子の天ぷら。

2017年2月 7日 (火)

エビ・プロジェクト(笑)

日本人はエビ好きが多い。

いやいや。世界中、エビ好きは多いのかも。

と言う訳で、密かに「エビ・プロジェクト」を遂行中(笑)

今日は、銀座の「マダム・シュリンプ」に視察?です。って、ただ、海老を食べに来ただけですが…(笑)

ここは、30年の歴史を持つお店。

海老。
こんなに品揃えあり*\(^o^)/*

エビ尽くし(笑)

2017年1月31日 (火)

鹿児島の夕べ

今夜は御招待を受けて、鹿児島の夕べに伺いました。

鹿児島の「食」がメインでしたが、鹿児島が渋谷に凝縮された感じ(笑)

お知り合いが沢山いました‼︎

私が応援している日本の織物のひとつ「大島紬」の会長と飲み仲間?の河口先生。

鹿児島の黒牛は、坂井シェフ自ら調理、取り分けていらっしゃいました。

坂井シェフ&工藤シェフには、食糧学院でも色々と御世話になっていますが…。

今年は、何かコラボがしたい‼︎と勝手に思っています(笑)

2016年12月 3日 (土)

コーヒーに開かれた未来

コーヒー業界の巨塔でもある「タリーズ」さんと「ルノアール」さんのトップ対談に出向いて参りました。

日本も「コーヒーを飲む」習慣が一般化してきた。

平均すると1週間に11.2杯くらい飲んでいるらしい。

コーヒーの消費量的には世界29位と低いが…。

お茶文化の日本が、ここまでコーヒーを飲むようになったのは、凄いことだと、私は思う。

最近は、コンビニでも手軽にドリップコーヒーが飲める。

コーヒーの世界は、日本においては、もっともっと、変わっていくのだろうな。

今日も、勉強になる話が沢山、伺えました。

2016年12月 2日 (金)

江戸切子

「和食」の深さは、器にもあると思っている。

食材や出汁を使い分け、合わせ醸し出すならば、器も同じである。

その食材を、その作品を、生かすも殺すも、器の役割は大きい。

そして、お酒を共にするお猪口も。

今日は、素敵な江戸切子が華を添えてくれました。

お鮨が大好き④

仕事の打ち合わせ後、そのまま、お食事。

今夜は、御一緒の方が一目惚れしたというお鮨屋さんへ。

六本木「蔵六雄山」

隠れ家ぽい場所。

お鮨は、「和食」の技術が散りばめられている気がする。

雄山さんのお鮨は、味の融合も上手でした。

特に「酒盗」の使い方が面白かった。

和食って、深いなあ。

お味噌汁って、何でこんなに癒されるだろう(笑)

2016年8月 7日 (日)

ネーミング

人の名前は、社会の流れと共に変化する。

最後に「子」が付く女の子の方が珍しい時代を40年前には想像もしなかったはず。

その時の流行も反映される。

そう思うと「名前」に対する意識というか感覚がラフになったのかもしれない。

人の名前だけではなく、物の名前も同じ。

ユニークと言うか、常識破りと言うか…。

良いことなのか、微妙なのか(笑)

今夜は、面白い?日本酒にも出会いました。

こう言う名前もあるのですね( ´ ▽ ` )ノ

勿論、他にも飲みました(笑)

オリンピックにかけて(笑)

日本酒には、やっぱり、お魚です。

2016年8月 2日 (火)

何気なく、でも、しっかりと、夏を感じるシチュエーション。

日本の夏は素敵だと思う。

春夏秋冬を感じにくくなっている今日この頃だけれど…。

心のためにも、カラダのためにも、季節に合わせて生きることは重要。

夏の陽射しと空の色。

それを浴びたくて、室外の席を選んでしまうことが多い(笑)

久しぶりに代官山の「ASO」。

ここの中庭のテラス席が好き。

お祭りが多いのも夏。

神楽坂で阿波踊りに遭遇。

凄い人集りです。

でも、気持ち良い混雑。

お鮨屋さんも、夏らしい食材。

神楽坂の粋なお鮨屋さん。

2016年7月24日 (日)

鉄道発見伝

朝から京浜急行の番組を観た影響なのか…。

汐留で日テレのイベント「鉄道発見伝 鉄兄ちゃん藤田大介が行く‼︎」と言う、まさに鉄道のイベントに遭遇。

事柄は連鎖する(笑)



ちょっと、立ち寄りました。

せっかくだし( ´ ▽ ` )ノ

これから、音楽イベントもあるみたい。

夏は、テレビ局のイベントが多いですね。

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad