2015年12月25日 (金)

逢甲夜市 in 台湾

初日は、夜市を散歩。

力士は何処へ行っても大人気ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

台湾は、本当に親日家の方が多くて…。過ごし易いです。

そして、屋台も充実♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

色々、摘み食いしました。

これから、食事に行くのに…(笑)

式秀親方と台湾

また、台湾です(笑)

日本の文化を、正しく、そして有効活用して頂くために、力士の方々と再訪です。

今回は、式秀部屋の皆さんに御協力を頂いております。

2015年12月 5日 (土)

食習慣の違い

台湾は、外食文化‼︎

家で食事よりも、外で食べる方が多いとか…。

夜市も凄い賑わい。

そして、力士はどこに行っても大人気(≧∇≦)

台湾の方々は、日本人に優しいなあああ。

2015年12月 4日 (金)

台湾到着

無事に台湾(松山)です。

力士たちも縮んでいませんでした(笑)

台湾に行きます‼︎ with力士

日本の文化を伝えるイベントのために、台湾に力士を引き連れて参りますよ‼︎
(^ー^)ノ

2015年11月 8日 (日)

大阪初めて物語(笑)

 大阪には、数えられないくらい、足を運んでいる。

 でも、仕事だから、観光は無し‼

 と言う訳で、知識はあっても経験が無いこと多いcrying

 (小さな頃に、連れて来てもらっているかもしれないけれど・・・。記憶が鮮明では無いし・・・)

 そんな私みかねた大阪の友人たちが、大阪の町に連れ出してくれました(笑)

 日本だけじゃないけれど・・・。

 同じ国でも、「文化」や「習慣」が全くと言って良いほどに違ったりする。

 面白いな。。。

 大阪の看板って、巨大(笑)

Osa

Osa1

Osa5

Osa2

Osa3

 串かつ‼

http://www.kushikatu-daruma.com/

串かつ(串揚げ?)は、頂くことはありますが・・・。

「2度漬け禁止」方式は、あまり行ったことがないかもdash

Osa4

Osa7

 あんなに串かつを頂いたのに・・・。

 しっかり、お好み焼きも食べますsmile

  楽しく、ワイワイと食べると、太らない気がします。

もちろん、「気」だけですが・・・。

2015年10月23日 (金)

台湾\(^o^)/

Ta

 台湾で、日本の『食』を広めます‼

 

 

2015年8月 5日 (水)

本物?偽物?

 自由が丘で講演の後、御食事に入った中華の『状元樓』さん。

http://www.jogen.co.jp/jiyuugaoka/

 こんな掲示が入口に・・・。

Jyo

  ふかひれも、天然ではなくて、構造合成されたものが出回っていることですよね(@_@)

 『食』の安全性はもちろんですが、『食』の信頼性も忘れてはいけないチェック項目。

 

 

 

 

2015年1月 1日 (木)

お雑煮の多様性?

 今年の元旦は、何年かぶりに(いや十数年ぶりかも・・・)夜は実家。

 実家に両親が珍しくいたからですが・・・。

 実家で御正月といえば、やっぱり『お雑煮』でしょ‼\(^o^)/

 お雑煮って、めっちゃ、面白いと思う。

 地方によって違うばかりか、家庭によっても全然違ったりする。

 父方は、昆布とかつおだしに、ほんのりお醤油のサッパリ系。

 母方は、同じようだけれど、もう少しお醤油濃い目で、イワシの削り節をドッサリとかける。

 親戚のいる鳥取のお雑煮は、小豆雑煮。関東でいう「ぜんざい」に似ている。

 お汁の味付けはもちろん、お餅の形も調理法も、具材も違う。

 多分、その家庭ごとに全く違うお雑煮を食しているのだろう。

 そう思うと、なんだか不思議。

 色々なお雑煮。制覇してみたい‼

 って、凄い太りそうだけれど・・・gawk

 皆のお家のお雑煮自慢とかしてみたいhappy02

Oz1

Oz

母の特性「なます」も大好きshine

 どんぶり一杯、食べられちゃうなsmile

 

2014年12月20日 (土)

嫌い箸

 忘年会のシーズン。

 大勢での食事も多くなる。

 そんな時に、ちょっと、世代のギャップを感じるのが『嫌い箸』flair

 いわゆる、無作法とされる、お箸の使い方のことだけれど・・・。

 若い方は、あまり気にしないのかも。。。

 普通に、お箸とお箸で、食べ物のやりとりをしていた。

 そんな細かいことを言っていたら、食事会が楽しくなってしまうけれど・・・。

 お箸の使い方も、日本人の素敵な部分の一つな気がする。

 せっかく『和食』が世界遺産になってのだから・・・。

 そんな『和食』を頂く姿も世界遺産級でありたいなぁ。なんてwink

2014年9月28日 (日)

おもてなし

 久しぶりに、ブログ。

 貯め込んだ『ネタ』の中から、最近、嬉しかった『おもてなし』話。

 『おもてなし』の形は色々あるけれど・・・。

 私は、食事の時、その気持ちを感じることが多い。

 だって、「どこで」食事をするか決めるだけでも凄ーく大変なのに・・・。

 一緒に楽しい「時間」を創ってくれるのだから、本当に、感動する。

 その中の、まずは1つ。

 大阪での講演後。

 私的には、苦手では無いけれど、何となく緊張するタイプの営業さんと一緒に。

 彼が用意してくれたのは、「新鮮な野菜」のフルコース。

 私の体を考えて(笑)

 確かに、私は「タンパク質主義者」だからな。

 (あっ。でも、ちゃんと野菜は摂ってますよ‼念の為(笑×100))

 何だか、その選択に久しぶりに『おもてなし』に潜む大きな優しさを実感。

 そんなに沢山、話したこと無いのに、私の食生活を調べてくれていて・・・。

 「1年、野菜、摂らなくても良いように‼」なんて。

 ちょっと、恐い感じなのかなぁ、なんて思っていた私に自己嫌悪down

 こんな「おもてなし」を考えてくれる人は、そうは居ないよね‼

 で、彼ですdownwardright

O4

 (御免なさい。写真の撮り方が悪くて、ツブれちゃいましたが、もっともっとカッコイイ方です‼)

 頂いた御調理は、野菜のオンパレード。

 そして、どれも美味しい。

O

O1

O2

O3

O5

O7

O8

O6

 飲み物も野菜を使ったものですよ‼

心も体も、元気で幸せになった気分。

 場所は、梅田の「花様」さん。

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27049246/

 そして、もうひとつ。

 浜松の講演後。

 浜松にも、素敵な営業さんがいて・・・。

 必死に(笑)、「おもてなし」をして下さる。

 こちら、私の大好物を真剣に極めてくれる感じ。

 しかも、東京では味わえないような、「ここだけ感」 を持ったお店を選んでくれる。

 もちろん?、浜松と言えば、鰻。鰻。鰻。

 私は、鰻が大好き。

 3食鰻でも、生きていけるかも。。。なんて、冗談ですがcatface

 そんな私のために、今回も粋な鰻屋さん2件。

Osaka

Osaka1

H1

H2

H4

 こんな素敵なお店に御一緒してくれたのは、彼らですdownwardleft

H

H3

  凄く凄く、凄ーく忙しいのに・・・。

 見知らぬ土地に前乗りした私と、夕食まで、お付き合い下さいました。

 なんか、今の1000倍くらい仕事出来ちゃいそうな気がするぐらい、嬉しい力を貰えるshine

 こういう、営業さん達が沢山いる会社って、本当に良いものを扱っていて、熱いんだろうなぁって思う。

 「おもてなし」。

 色々な形があるけれど・・・。

 私は、いつも違う幸せをタップリ頂いています。

 

 

 

2014年1月29日 (水)

医療費削減の糸口

 福岡で医療費削減を掲げて健康大使を仰せつかってから、早くも4年目に突入しようとしている。

 試行錯誤もあったが・・・。

 安定して来た。

 そして、自信もついて来た。

 確実に、医療費は減らすことが出来る‼

 しかも、ちょっとした『後押し』を私たち医者がすれば良いだけ。

 日本には素晴らしい財産があるからshine

 もっと、もっと、日本の各地で実践して行くことが、これからの目標punch

 福岡に足を運ぶようになって、私自身の食べ物が『枠』が広がりました。

 医療費削減とは、関係が無いけれど。。。sweat02

 大きな進歩は『鶏』。

 そして、『モツ』も。

 

Fu

 田川の方で頂くモツ鍋は、ちょっと、変わっています。スープが無い‼

http://horumon-shinkai.com/

Fu1

Fu2

 

Fu3

Fu4

Fu5

 http://www.hanamidori.net/

 

2013年10月20日 (日)

会津エンジン08

 週末は、会津エンジン08に参加して参りました。

http://aizu-enjin.org/

 縁あって、会津エンジンに伺うようになって、もう4回目。

 その間、震災など、色々とありましたが、会津は『元気』だなぁ、って毎回思います。

 そして、どんどん充実していっているshine

 今年は、『八重の桜』もあって、テーマは『ハンサム・ウーマン』wink

 私は、『ハンサム・ウーマンを目指して~食べるから始める「健康」と「美容」~』で講義をflair

 私の講演って、「食べる」か「飲む」かのネタが多い・・・coldsweats01

 得意分野ですから、嬉しいですけれど。

 恒例の『夜楽』は、田季野さんでしたrestaurant

http://www.aizu.com/org/aizu/takino/

 夜楽は、地元の方々と交流しながら、料理とお酒を楽しむ時間です。

 こう言うの、イイよねhappy02

 田季野の女将さんも、凄く、素敵な方です。

 是非、会津若松に出向いた時は、立ち寄ってみて下さい。

 そうそう。会津は美味しいものが沢山ある。

 海と面していないことが拍車を駆けたのか、食文化が発展しているなぁ、って。

Aiz

 会津の市長とcamera

2013年7月23日 (火)

強烈なインパクトを残す力

 人間が持っている『インパクト度』は、人それぞれだ。

 全くといっていいほど、印象に残らない人間もいれば・・・。

 強烈なインパクトを脳裏に与えて去っていく人間もいる。

 総じて、日本人は自己主張が控え気味な気がするが・・・。

 『インパクト度』は、仕事の善し悪しにも繋がると思う。

 悪い印象はNGだけどねthink

 そんな中で、抜群なインパクト指数を叩き出すと感じている上海の女性がいる。

 今後、一緒に仕事をしていく予定(と言うか、こういう女性と一緒に仕事をしたいsign03)で、日本に来られた時に、たまに、会うのだが・・・。

 凄く凄く『女性らしく』て素敵なのに、強烈なインパクトがある。

 何だろうなぁ。

 醸し出すオーラが尋常じゃない感じshine

 ガッツリ仕事しているのに、嫌味な感じは全くないしhappy02

 Yes&Noが、ハッキリしているから気持ちも好い。

 生まれ持った才能もあるのだろうけれど、こういう女性を目指したいflair

 で、そんな彼女たちと御一緒した1軒目。

 白金の『ふくだ』さん。

http://www.corp-b.co.jp/fukuda/

 最近、大好きなお寿司屋さん。

 お料理も日本酒も美味しいのは勿論、良い雰囲気な大将が心地好い空間を作ってくれる。

Fu2

Fu3

Fu4

Fu5

Fu6

Fu7

Fu8

  もっと、色々と頂いたのですが・・・。

 喰い気の方が強くて。。。日本酒もお寿司に合わせて用意して下さいますよdelicious

 で、2軒目は友人のソムリエさんがいるお店。

http://isoladelnord.com/

Fu10

Fu9

Fu11

  素敵な女性は、チャレンジ精神が旺盛sign02

 生ハムのカット捌きは、素晴らしいshine

Fu12

 

2013年7月13日 (土)

探究心から生み出される発想力

 ある程度の経験が積まれてくると、人は『無難』とか『安全』とか、そういう類いの行動を選択し易くなる気がする。

 経験が失敗を回避させるから。

 でも、よく考えてみると・・・。

 『完成品』から学ぶことは多いかもしれないが、新しい発想には繋がらないことも多いように感じる。

 あえて失敗をする必要性はないけれど。

 興味を持って体験することは、『脳の余力』を鍛える気がする。

 最近、色々な意味で御教授を頂いている某会社の社長さん。

 

 今回は、その研修旅行?に御一緒させて頂きました。

 何で、私が???って感じですがcoldsweats01

 この『図々しい好奇心?学習心?』も、人生の幅を成長させるには必須でしょうflair

 なんて・・・。

 そんな社長さん方が、目的地に向かう途中のランチに選んだのは・・・。

 大胆な感じの海鮮料理店? 『魚市魚座』

http://www.uoichiuoza.net/

 こういう感じは、初happy01

 お家でバーベキューrestaurantとも、ちょっと、違うし・・・。

 Yu

Yu2

Yu3

 

  変わったものも、頂きました。

 『どろうぼう』。本名は、『ぬたうなぎ』と言うらしい。

 さかな版のホルモンみたいな食感。

Yu4_2

 ここは、セルフサービスっていうのかしらん。

 自分で、焼く感じ。

 でも、私が危なっかしいせいか・・・。

 すべて、やって頂きました。

 どんなに立場や地位が上になっても、おごり高ぶらない姿勢って、素晴らしいと思う。

 だからこそ、生まれる信頼感と発展力があるのかな。。。

 学ぶことが、多過ぎる・・・wobbly

2013年6月29日 (土)

杭迫柏樹先生

 書家の杭迫柏樹先生の後援会が発足された。

 その祝賀会。

 杭迫柏樹先生についてはdownwardleftを参考にして下さい。

http://www.k4.dion.ne.jp/~hakuju-k/profile.html

 日本の誇れる文化の一つが「書」であろう。

 「書」は、人生と心が露わになる。

 そして、訴えかけ、癒してもくれる、不思議な存在だと思う。

 昔は、玄関に、居間に・・・。至る所に、「書」が飾られていた。

 小さな頃は、月や季節によって「書」の掛け変えを手伝ったものだ。

 最近、少ないよね。

 今は、手書きだって少ない。

 メッセージは勿論、手紙ですら、人の手を使わないものが殆どかもしれない。

 便利だし、読み易い。

 でも、味気は無い気がする。

 杭迫先生の後援会の発足の経緯には、色々な想いがあるだろうが・・・。

 私は、「書」を、もっと日常に感じ、楽しいで欲しいと思っている。

 人の手を伝って書かれた文字には、心が詰まっているから。

 祝賀会も盛大でした。

 京都から舞妓さんまで、応援に駆けつけていました。

Kui

Kui1

Kui2

Kui3

 

 

 

2013年6月10日 (月)

郷には郷を乱すな‼みたいな・・・

 『郷には郷に従え』って言葉がある。

 私は『従う』のは勿論だけれど、『乱すな』もありだと思うことがある。

 個性は、人間にとって最重要なパーツだと思う。

 でも、個性や習慣の主張には気を配るべきだとも思う。

 自身の個性や習慣を頑なに持ちながらも、相手の個性や習慣を受け入れたら、人生の相乗効果が生まれるのでは。。。

 だから、と言う訳ではないけれど・・・。

 私は、違う個性や習慣は、まずは『試す』。

 『試す』のは『拒む』より、ずっと、楽だし楽しい。

 で、青島でも、色々なところで、色々なものを食べました。

 食文化って、世界は勿論だけれど、日本国内でも、ちょっと場所が違えば全然違う。

 だから、面白いし、試したくなる。

 今回、かなり『ビックリ美味しかったshine』のは、『ヒトデ』

Qu6 Qu10

 皮をむいて、中身を食べる感じ。

 中身は、カニ味噌を薄くしたような色。味も、やや、そんな風味かな。

 あとは、定番な感じだけれど『蚕のサナギ』

Qu2 Qu7

 蚕。生きている状態で、売っていましたwobbly

 自分で好きなもの好きな調理方法で食べらる市場みたいなレストランが多かった。

 楽しいけれど、かなりリアルだったかも。。。

Qu3 Qu12

Qu8 Qu11_2

 

 upwardright左の写真は、豚の頭です。

 歯があるの分かるかしらん?

 コラーゲンタップリhappy02

Qu Qu1

Qu4 Qu5

 日本人に親しみのあるものも。

 蟹専門店とか・・・。

 この蟹屋さん。蟹を頼むと、それ以外の副菜は、すべてインクルードflairでした。

 韓国料理みたい。

 日本でも有名な『鼎泰豐』

http://d.rt-c.co.jp/

 日本には無いメニューがあるから、大好きです。

 その中でも、『トリュフの小籠包』好きですsmile

 

2013年6月 9日 (日)

青島のカフェ文化

 仕事で中国の青島に来ていますairplane

 青島って、いわゆる『中国』ぽくない。

 ドイツの文化が組み込まれているせいか・・・。

 街並みも建造物も、何となく、欧風な感じ。。。

 そして、素敵なカフェが多い。

 チェーン店では、なくて・・・。

 パリの街角にあるみたいな、カフェが立ち並んでいたりする。

 元ドイツ総督の官邸だった迎賓館の出口にも、素敵なカフェがありましたよ。

Q1 Q2

 cafe

 cafe

 cafe

 cafe

 cafe

 cafe

 独学で学んだとバリスタ顔負けぐらいの方が、コーヒーを煎れて下さいす。

 カフェ・ラテ。かなり美味しかったですwink

 青島全体を見渡せる小魚山公園にも。

 この山頂?(山頂って言っても61mの小山ですsweat02)の上に建つ『覧潮閣』は、青島が360度見渡せます。

 しかも、回転しているので、座って眺めていれば、OKflair

Q3 Q4

Q5 Q6

Q7

 upwardright青島ビールの工場が中央ぐらいに写っているの、分かるでしょうか?

 青島ビールの缶が並んでいます。

 皆、青島ビール、飲んでいました。

 って、当たり前か。

 ホテルは、オリンピック水上競技センター跡地のインターコンチネンタル。

Q Q10

Q8 Q9

 教会も、街並みも、何となく、ヨーロッパぽい。

 熱海とニースを足して2で割った感じ、って言ったら「違うよ‼」って言われましたが・・・sweat01

2013年4月19日 (金)

常務‼

 日本の会社組織とは無縁の私。

 そんな私が、最近、仕事で『会社』とお付き合いするようになった。

 その「切っ掛け?」となったが故に、最も会話をするのが『常務』と呼ばれる御方。

 常務?

 分からないの、辞書で調べてみた。

 常務(常務取締役)=会社の取締役のうち、社長を補佐して会社の業務執行にあたる取締役

 んーーーーー。イマイチ明確な感じではなかったけれど、偉い人‼なのは理解。

 そんな常務が、親族の御通夜に足を運んで下さった。

 びっくり‼ と言うより、何だか、我慢していた涙が出た。

 周りには「ちょっと」かもしれないけれど、自分なりには「精一杯」な仕事をしていた最中だったからかな。

 わざわざ、親族の御通夜に顔を出して頂いた「嬉しさ」だけではなくて・・・。

 何となく、日頃の「お疲れ様」を感じたのかも。

 全然、言葉では上手く説明出来ていない・・・bearing

 

 日本の会社組織には無縁な私。

 でも、その一つ一つの肩書には、大きな役割と意味があるのだろうと、実感。

 勿論、その肩書を全う出来るか出来ないかは、人間力次第なのだろうが・・・。

 会社での常務取締役の責務は、私には分からないし、正直、私の人生にもあまり関係ない。

 でも、私が、仕事先の仕事を「精一杯」に「一所懸命」成すことが出来る柱の一つは、常務の気遣いにあったりする。

 そう思うと、私は、恵まれている。

 常務だけではなく、心ある人間が沢山沢山いる会社とお仕事出来るのだから。

 メソメソとしている場合では無いよね。

 (泣き虫だから、1週間は確実に涙腺が破綻していそうだけれど・・・)

 そう。

 ちょっと前に御一緒した、かなり癒される一軒家のフレンチ。

 麹町にある『エメ・ヴィベール』

http://www.aimeevibert.com/

Em_2 Em1

Em2 Em3

Em4 Em5

Em6 Em7

 

 いつもは忙しくて、時間を忘れているけれど・・・。

 こう言う空間で、時間を忘れて過ごすのは好いなぁ。

 

 

 

2013年3月14日 (木)

『かあちゃんのメシ』

 最近、心に残った言葉。

 『かあちゃんの上手いメシで、救われる』

(ちょっと、いや、大分違うかもしれないけれど、こんなワンフレーズだったはず・・・catface

 栃木の講演の後だったかなぁ。

 近頃の家庭は、外食や調理済みの御惣菜・加工食品の利用が増えている、なんて話をしていた時に、出た一言。

 人生は色々ある。

 特に若い頃は、あっちの道に興味を持ってみたり、こっちの道に反れて行ってみたり・・・。

 そんな中で、誘惑もあれば、絶望や挫折もある。

 でも、心に沁み込んだ母の味が、フッと自分を目覚めさせてくれたり、助けてくれると言う話。(だったかな。違ったら、御指摘下さいcoldsweats01

 凄く、素敵だと思った。

 そんな、言葉を何気に口に出来てしまうことも素晴らしいし、素敵なお母様に育てられたんだろうなぁ、って。

(因みに、外見?はイマドキな感じだったので、言葉に真実味が溢れていました。なんてsmile

 そして、こう言う気持ちを、多くの人が持って、次世代に『家庭の味』と共に伝えることが出来たら、ちょっと、世の中が、変わるかもshineなんて。

 現代社会は、便利。でも、その分、『手間』の愛情が少なくなっているかもしれない。

 『料理』の存在は、この先、更に変化を遂げていくに違いない。

 『変化』は、当たり前である。

 ただ、『変化』するからこそ、間違った方向に進まないように、心の軸を忘れてはならないはず。

 多くの人が、『家庭の料理』を心の支柱の一つに持てれば良いのになぁ。。。

 

 

 

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad