2016年8月29日 (月)

パクチーに始まり、パクチーに終わる(笑)

パクチー(コリアンダー、香菜…)が嫌いな人も多いけれど…。

パクチーって、凄い食材。

例えば、古代エジプトや古代ローマでは医療で活用され、中世ヨーロッパでは薬草として使われるなど「薬」としての存在を放ってきた。

最近では、重金属の蓄積を抑えるなどのデトックス作用でも注目を浴び始めている。

パクチーに含まれる栄養素も色々。

まあ、ある程度の量を食べないと十分な量は摂れないけれど…(笑)

それ以外にも、胃腸機能を促進したり、抗酸化作用があったり、いい部分がたくさん*\(^o^)/*

別に健康を意識してではなく、面白半分でパクチー専門店に誘われて行って参りました。

経堂の「パクチーハウス」

乾杯は「パクチー・モヒート」。

凄い量(笑)

デザートもパクチー(笑)

一番、びっくりしたのは、主催者がパクチー嫌いで食べていなかったこと(笑)

愉快な思い出話的に行くと面白いかも。

2016年8月17日 (水)

薬草

薬草と言えば、中薬や漢方薬を思い出すことが多いだろうが…。

ハーブやスパイスも薬草の一種である。

薬草は薬にも使われるが、食品の多くにも活用されている。

そんな薬草。

中国の輸出規制や自然環境の変化で、供給不足が懸念されているものある。

また、土地のせいなのか薬草自身の成分的効力が低下しているというデータがあるものもある。

薬草は、存在感は少ないが…。

私の生活上、重要な存在。

日本の国内で、質の高い、そして育成し易い薬草を作っていくことは重要な課題だと思う。

今日は気仙沼から二戸に移動して、薬草の勉強。

駅の朝市も小さいけれど、面白かった。

生の「タモギダケ」‼︎

2015年10月21日 (水)

“食”も薬のひとつ

 風邪をひいた友人に・・・。

「薬膳鍋を食べに行こう‼」と誘われ・・・・・・。

 日本橋の『天香回味』に来ました‼

http://tenshanfayway.com/

 食べて治す‼は、大賛成。

 中国の友人も「家族や恋人が風邪をひいたら、薬局に行くのではなく、家でスープを作る‼」って、話していたし。。。

Yaku

Yaku1_2

Yaku2

帰りは、ちゃんと、日本橋を‼

 

フォトアルバム

馬渕知子

東京医科大学医学部卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院、現在に至る(院長)。 内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科との提携を結び、 多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。

マブチ
メディカルクリニック

■ 内科・皮膚科
お問い合わせはお電話にて
Tel:03-3403-5777
Fax:03-5404-7053
〒105-0022
東京都港区海岸1-16-2
インターコンチネンタル東京ベイ830号室

書籍

デキる人ほどなぜ人間ドックにいくのか?
元気になる水 きれいになる水 やさしくなれる水


インタビュー

インタビュー
Powered by TypePad